ランス・ニークロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランス・ニークロ
Lance Niekro
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州
生年月日 1979年1月29日(35歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手内野手
プロ入り 1999年 MLBドラフト2巡目
初出場 2003年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ランス・ニークロLance Niekro, 1979年1月29日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州出身の元メジャーリーグ選手。内野手から投手に転向。右投右打。

「ニークロ」という姓が示すように、ナックルボールの使い手として知られたニークロ兄弟と血の繋がりがある。父親はニークロ兄弟の弟であるジョー・ニークロで、フィル・ニークロは伯父に当たる。

略歴[編集]

2000年サンフランシスコ・ジャイアンツからドラフト2巡目で指名を受けプロ入り。当初は三塁手だったが、ケガのため一塁手に転向し、プロ4年目の2003年にメジャーデビューを果たした。2004年はメジャーに昇格出来ず終いだったが、2005年J.T.スノーとのツープラトン起用で一塁を守り、113試合に出場し12本塁打をマークした。スノーが移籍した2006年当初は一塁のレギュラーを与えられたが、不振でマイナー落ちも経験し、シーズン後半はシェイ・ヒレンブランドにレギュラーを奪われた。

2007年も一塁のレギュラーを狙うことになったが、リッチ・オーリリアライアン・クレスコがツープラトン起用されたため11試合の出場に終わり、オフに自由契約となった。

2008年ヒューストン・アストロズと契約したもののメジャーには昇格できず、シーズン途中に解雇され引退し通信会社に就職。しかし同年12月、投手として現役復帰することを発表し、アトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結んだ。伯父から本格的にナックルボールの指導を受けている。

年度別打撃成績[編集]

年度 チーム 試合 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 四球 三振 打率 出塁率 長打率
2003年 SF 5 5 2 1 1 0 0 2 0 0 1 .200 .200 .400
2004年 SF メジャー出場なし
2005年 SF 113 278 32 70 16 3 12 46 0 17 53 .252 .295 .460
2006年 SF 66 199 27 49 9 2 5 31 0 11 32 .246 .286 .387
2007年 SF 11 17 0 3 0 0 0 0 0 1 5 .176 .222 .176
2008年 HOU メジャー出場なし
通算 4年 195 499 61 123 26 5 17 79 0 29 91 .246 .288 .421

関連項目[編集]

外部リンク[編集]