ラングフール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラングフール
英字表記 Langfuhr
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1992年
死没 (存命)
Danzig
Sweet Briar Too
母の父 Briartic
生国 カナダの旗 カナダ
生産 Gus Schickedanz
馬主 Gus Schickedanz
調教師 Michael Keogh
競走成績
生涯成績 23戦9勝
獲得賞金 698,574ドル
テンプレートを表示

ラングフール (Langfuhr) はカナダで生産された競走馬および種牡馬1990年代後半の北アメリカ競馬界で活躍し、2004年カナダ競馬の殿堂入りを果たした。

経歴[編集]

ドイツ出身のオーナーブリーダー、Gus Schickedanzの生産した馬である。馬名の「Langfuhr」とはポーランド都市グダニスクにある地名に由来している。グダニスクはドイツ語では「ダンツィヒ (Danzig) 」と呼ばれており、父馬の名前がDanzigだったことにちなんでこの地名を名付けられた。

競走馬時代にはカナダとアメリカ合衆国で走り、1996年ヴォスバーステークスフォアゴーハンデキャップを制して同年のソヴリン賞最優秀スプリンターに選ばれた。翌年にはメトロポリタンハンデキャップカーターハンデキャップの2つのG1を制している。

1998年より種牡馬となり、レーンズエンドファームで供用が開始され、カナダ三冠馬ワンドを始めとして活躍馬を多数輩出した。そのうち、ワンドやローヤーロンなどが後継の種牡馬となり、その父系を繋げることに成功している。

主な産駒[編集]

母の父としてのおもな産駒は以下のとおり。

評価[編集]

主な勝鞍[編集]

1996年(4歳)
ヴォスバーステークス (G1) 、フォアゴーハンデキャップ (G2)
1997年(5歳)
メトロポリタンハンデキャップ (G1) 、カーターハンデキャップ (G1)

年度代表馬[編集]

表彰[編集]

血統表[編集]

ラングフール血統ダンジグ系 / Nearctic 3×3=25.00%)

Danzig
1977 鹿毛 アメリカ
Northern Dancer
1961 鹿毛 カナダ
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Pas de Nom
1968 黒鹿毛 アメリカ
Admiral's Voyage Crafty Admiral
Olympia Lou
Petitioner Petition
Steady Aim

Sweet Briar Too
1986 鹿毛 カナダ
Briartic
1963 栗毛 カナダ
Nearctic Nearco
Lady Angela
Sweet Lady Briar Round Table
Parading Lady
Prima Babu Gum
1980 黒鹿毛 アメリカ
Gummo Fleet Nasrullah
Alabama Gal
Princess Babu *アワバブー
Brouhaha F-No.2-n

外部リンク[編集]