ラルフ・ウェンゼル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラルフ・ウェンゼル

Ralph Wenzel  No. 62, 54

オフェンスラインマン
生年月日:1943年3月13日
没年月日:2012年6月18日(満69歳没)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンマテオ
身長:6' 3" =約190.5cm 体重:244 lb =約110.7kg
NFLデビュー
1967年ピッツバーグ・スティーラーズ
経歴
大学サンディエゴ州立大学
NFLドラフト1967年 / 11巡目(全体の168番目)
 所属チーム:
通算成績
(1973年までの成績)
出場試合数     71試合
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ラルフ・ウェンゼル(Ralph Richard Wenzel 1943年3月13日 - 2012年6月18日)はカリフォルニア州サンマテオ出身の元アメリカンフットボール選手。NFLピッツバーグ・スティーラーズサンディエゴ・チャージャーズで1966年から1973年まで7シーズンプレーした[1]

サンディエゴ州立大学[2]から1966年のNFLドラフトグリーンベイ・パッカーズに指名されたがその年ピッツバーグ・スティーラーズに入団し1970年まで5シーズン在籍した。その後サンディエゴ・チャージャーズでも1972年、1973年の2シーズンプレーした。

現役引退後、認知症にかかり彼の妻で医師であるエレーナ・パルフェットがNFLでプレーしたことが原因だとしてカリフォルニア州に労災認定するよう訴えを起こした[1][3]

現役時代はロイド・ボスと非常に親しかったが、彼とチームメートとしてプレーしたことも思い出せなかったという[4]

2012年6月18日、認知症の合併症のために死去[5]。69歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 近藤祐司. “NFLチームのLA移転は消滅?障壁はカリフォルニア州法”. NFL JAPAN. 2010年4月11日閲覧。
  2. ^ Player Bio”. サンディエゴ州立大学. 2010年4月11日閲覧。
  3. ^ Case Will Test N.F.L. Teams’ Liability in Dementia”. ニューヨーク・タイムズ (2010年4月5日). 2010年4月11日閲覧。
  4. ^ Wives United by Husbands’ Post-N.F.L. Trauma”. ニューヨーク・タイムズ (2007年3月14日). 2011年4月11日閲覧。
  5. ^ Former OL Ralph Wenzel dies from complications of dementia nbc sports ProFootballTalk 2012年6月23日閲覧

外部リンク[編集]