ラリー・ウィルソン (アイスホッケー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラリー・ウィルソン1930年10月23日-1979年8月16日)はカナダオンタリオ州キンカーディン出身のアイスホッケー選手、指導者。現役時代のポジションはセンター

経歴[編集]

NHLデトロイト・レッドウィングスシカゴ・ブラックホークスで合計152試合に出場した[1]。レッドウィングスに入団した1949-50年シーズンにはスタンレー・カップ優勝を味わったが[2]、現役時代の大半はマイナーリーグであるAHLなどで過ごした[1]

現役引退後、1976-77シーズンにレッドウィングスの暫定ヘッドコーチに就任した。その間の成績は16勝55敗9分であった[3]。その後セントラル・ホッケー・リーグ英語版のカンザスシティ・レッドウィングスのヘッドコーチを1977-79年まで2シーズン務めた。

1979年の夏、ジョギング中に心臓発作を起こして48歳で亡くなった[3]

2011年、AHLの殿堂入りを果たした[2]

家族[編集]

息子のロン・ウィルソン英語版もNHL選手であり、現在トロント・メープルリーフスのヘッドコーチを務めている[2]。またマイティダックス・オブ・アナハイムワシントン・キャピトルズサンノゼ・シャークスバンクーバーオリンピックアイスホッケーアメリカ合衆国代表のヘッドコーチを務めている。

兄のジョニー・ウィルソンもNHL選手であり[3]後にレッドウィングス、ロサンゼルス・キングスピッツバーグ・ペンギンズでヘッドコーチとなった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Larry Wilson”. legendsofhockey.net. 2011年8月28日閲覧。
  2. ^ a b c Larry Wilson”. AMERICAN HOCKEY LEAGUE HALL OF FAME. 2011年8月28日閲覧。
  3. ^ a b c Greg Eno (2011年5月18日). “The 5 Worst Coaches in Detroit Red Wings History”. bleacherreport.com. 2011年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]