ラリー・ウィリアムズ (ジャズ・ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラリー・ウィリアムズ
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル ポップス
ソウル/R&B
スムーズジャズ/フュージョン
職業 アレンジャー
セッション・ミュージシャン
担当楽器 キーボード
サックス
フルート
ピッコロ
共同作業者 シーウィンド
ジェリー・ヘイ
キム・ハッチクロフト
ビル・ライヒェンバッハ
ゲイリー・グラント
ダン・ヒギンズ

ラリー・ウィリアムズ(Larry Williams)はアメリカのキーボードサックスフルートピッコロ奏者でアレンジャーセッション・ミュージシャンジャズフュージョン界ほか、ポップR&B界など幅広い分野にて活躍している。

バイオグラフィ[編集]

ジェリー・ヘイキム・ハッチクロフトビル・ライヒェンバッハとともにハワイ出身の伝説的なフュージョン・バンド、シーウィンドにて表舞台に出る。以後アメリカ本国や日本国内等において、多くのセッションをこなす。彼等による音は「シーウィンド・ホーンズ」とも呼ばれる。

シーウィンドが解散して以後もジェリー・ヘイらと共にセッションしているが、ソロとしてもアレンジ業をしている。

長い間ソロ作を出していなかったが、2001年にソニーより、初のソロ作The Beautiful Struggleを発表。