ラモナ・イグレシアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ramona Trinidad Iglesias-Jordan
ラモーナ・イグレシアス
生誕 1889年8月31日
スペインの旗 スペイン王国 プエルトリコ ウトゥアード英語版
死没 2004年5月29日(満114歳没)
プエルトリコの旗 プエルトリコ サンフアン リオ・ピエドラス英語版
死因 肺炎
住居 プエルトリコの旗 プエルトリコ
国籍 プエルトリコの旗 プエルトリコ

ラモーナ・イグレシアス(Ramona Trinidad Iglesias-Jordan、1889年8月31日 - 2004年5月29日)は、2003年11月から2004年5月まで長寿世界一だった女性。

プエルトリコ中部の町、ウトゥアード英語版に生まれる。1970年代後半に夫が亡くなり、それからおよそ25年にわたって一人暮らしをしていた。子供はいない。

2004年5月、肺炎のため同国サンフアンリオ・ピエドラス英語版地区で死去。114歳と272日だった。なお、誕生日が9月1日だとする証明書もあり、その場合生存日数は114歳271日となる。

先代:
川手ミトヨ
長寿世界一
2003年11月13日 - 2004年5月29日
次代:
マリア・カポヴィッラ