ラモチェ寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラモチェから転送)
移動: 案内検索
ラモチェ

ラモチェ寺チベット語: ར་མོ་ཆེ་དགོན་པ་)は中華人民共和国チベット自治区ラサにある寺院漢族からは小昭寺の名前で呼ばれる[1]

646年頃に吐蕃グンソングンツェン中国語版英語版王の寡婦・文成公主によって建立された[2]

かつては唐からもたらされた釈迦牟尼像が、グンソン・グンツェンを弔うために寺に収められていた[3]。吐蕃の王ソンツェン・ガンポが没した後、文成公主は釈迦牟尼像をトゥルナン寺に移した[4]。釈迦牟尼像が移転した後、代わりに不動金剛像が本尊とされた。

2008年3月14日のデモの出発点となり、多くの市民が殺害され、また多くの僧侶が逮捕されている。

出典[編集]

  1. ^ 山口『チベット』下、328頁
  2. ^ 山口『チベット』下、24,329頁
  3. ^ 山口『チベット』下、24頁
  4. ^ 山口『チベット』下、329頁

参考文献[編集]

  • 山口瑞鳳『チベット』下(東洋叢書4, 東京大学出版会, 1988年3月)