ラム・チャンドラ・パウデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラム・チャンドラ・パウデル(Ram Chandra Paudel)はネパール政治家ギリジャ・プラサド・コイララ内閣の平和・再構築大臣。内閣のNo.2。ネパール会議派所属の制憲議会議員2008年5月28日の制憲議会初日には、老齢にして病身のコイララ首相は冒頭だけ挨拶し、そのあとをパウデルが原稿を代読した。