ラマヌジャン・スコーレムの定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラマヌジャン・スコーレムの定理(-のていり、:Ramanujan-Skolem's theorem)またはラマヌジャン・ナーゲルの定理(-のていり、:Ramanujan-Nagell's theorem)はディオファントス方程式の一つの解に関する定理で、次の不定方程式

2n - 7 = x2

の自然数解が存在するのは n = 3, 4, 5, 7, 15 のときだけであるというもの。(n,x)=(3,1),(4,3),(5,5),(7,11),(15,181) である。

シュリニヴァーサ・ラマヌジャンが予想し、ナーゲル(Trygve Nagell)が1948年に、トアルフ・スコーレム1959年に証明した。