ラポニアン・ハーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラポニアン・ハーダー
Lapskvallhund.jpg
他言語表記
英:Lapponian Herder、Lapland Herder
フィンランド語:Lapinporokoira
通 称
ラッピー
原産国(原産地)
フィンランド
各国団体のグループ分類
JKC(日): 第5グループ
各国団体のスタンダード (外部リンク)

JKC

ラポニアン・ハーダー(ラップランド・ハーダーとも)は、フィンランド原産の犬の品種で牧畜犬。トナカイの牧畜用に交配され、寒冷に強く頑健で牧畜技術に優れる。牧畜の機械導入が進んだ1960年代には数を減らし、1966年に品種として確定し保護が進んだ。交配にはフィニッシュ・ラップフンドジャーマン・シェパード・ドッグコリーが用いられ、立ち耳で尻尾は巻かないのが特徴。色は黒や茶で、それらよりも明るい色の班が頭部や体の下側または脚部にみられる。また、首や胸、脚に白斑が出ることもある。

参考文献[編集]

  • デズモンド・モリス 『デズモンド・モリスの犬種事典』 監修:福山英也、大木卓 誠文堂新光社 ISBN 9784416707296

関連項目[編集]