ラプ=ラプ市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラプ=ラプ
City of Lapu-Lapu
Mactan-from-above.jpg
ラプ=ラプ市
位置
ラプ=ラプ市の位置の位置図
ラプ=ラプ市の位置
座標 : 北緯10度19分 東経123度57分 / 北緯10.317度 東経123.950度 / 10.317; 123.950
歴史
市制施行 1961年6月17日
行政
フィリピンの旗 フィリピン
 地方 中部ヴィサヤ地方
 州 セブ州
 市 ラプ=ラプ
地理
面積  
  市域 64.22km2
人口
人口 (2010年[1]現在)
  市域 350,467人
その他
等時帯 フィリピン標準時 (UTC+8

ラプ=ラプ市英語: Lapu-Lapu City)は、フィリピン中部の中部ヴィサヤ地方に属するセブ州にある都市で、メトロ・セブと呼ばれる都市群のひとつ。州都セブ市の東に浮かぶマクタン島の殆どとその沖合のオランゴ環礁の半分以上を占め、マクタン・セブ国際空港を持つ。対岸のセブ島マンダウエとはマンダウエ・マクタン橋英語版マルセロ・フェルナン橋の2つの橋で結ばれている。面積は64.22平方キロメートル、2010年現在の人口は約35万人である[1]

市の名称は、この地にやって来たフェルディナンド・マゼランに抵抗をした部族長の英雄ラプ=ラプに因んで名付けられた。もとは島の名同様マクタンと呼ばれていたが、1730年聖アウグスチノ修道会によりオポン (Opon) の町が建設された。オポンは1961年に市になったが、その際地元の英雄にちなんで改名されている。

この島の南部にある小さな地方自治体コルドバ (Cordova) と接している。

脚注[編集]

  1. ^ a b Population and Annual Growth Rates for The Philippines and Its Regions, Provinces, and Highly Urbanized Cities (PDF)” (英語). 2010 Census and Housing Population. フィリピン国家統計局. 2013年10月20日閲覧。

関連項目[編集]