ラプラン寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラブラン寺
ラブラン寺
チベット語名
チベット文字 བླ་བྲང་བཀྲ་ཤིས་འཁྱིལ་
ワイリー bla-brang bkra-shis-'khyil
蔵文ピン音 La-chang gaxi-kil
中国語名
繁体字 拉卜楞寺
ピン音 lābǔlèng sì
ラプラン寺の位置(甘粛省内)
ラプラン寺
ラプラン寺
Location within China
座標: 北緯35度11分44秒 東経102度30分29秒 / 北緯35.19556度 東経102.50806度 / 35.19556; 102.50806
寺院情報
所在地 甘粛省甘南蔵族自治州夏河県
創設者 ジャムヤン・シェパ
創設 1709年
宗教 チベット仏教
宗派 ゲルク派
祭礼 一月 4日 - 17日
六月 26日 - 七月 15日

ラブラン寺甘粛省甘南チベット族自治州夏河県にあるゲルク派の寺院。 ゲルク派六大寺のひとつ。1710年にジャムヤン・シェパ一世によって創建。往時は108の寺があり、活仏も500人前後が 在籍していたという。しかし、文化大革命で閉鎖され、現在は千人規模となっている。 現在はチベットのゲルク派寺院では最高レベルの寺となっている。