ラプソディ (原子炉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラプソディ(仏:Rapsodie)は、フランス高速増殖炉である。プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏ブーシュ=デュ=ローヌ県カダラッシュ(Cadarache)に建設された。

フランス初の高速増殖炉である。1967年に初臨界を達成した。ラプソディはループ型の原子炉であり、熱出力は40MWであった。発電は行われなかった。1983年に閉鎖された。

廃炉跡地は、現在ラベンダー畑に囲まれている。プロヴァンス地方では夏の終わりにラベンダーが満開になり、それは非常に超現実的な光景を作り出している。

関連項目[編集]