ラブ・シャケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラブ・シャケヘブライ語:רבשקה)とは、旧約聖書列王記下18:17~37に登場する人物である。

概要[編集]

聖書によると、アッシリヤの王センナケリブの命令によって、彼はラブ・サリス、タルタンとともにエルサレムに討ち入った。この際、ヒゼキヤの役人と重要会談をしていることから、遠征軍の長であると言われている。

執筆の途中です この項目「ラブ・シャケ」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。