ラフィク・ニシャノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラフィク・ニシャノフРафик Нишанович НИШАНОВ, 1926年1月15日 -)は、ウズベク・ソビエト社会主義共和国の政治家、ソ連共産党員。

タシュケント州ボスタンルイクスキー地区ガザルケント村出身。1956年、歴史教師専攻でV.G.ベリンスキー名称タシュケント夜間教育大学を卒業。歴史科学準博士。

  • 1942年 - タシュケント州ボスタンルイクスキー地区のコルホーズ「チルチク」のコルホーズ員
  • 1943年 - ボスタンルイクスキー会議ガザルケント町会議執行委員会書記
  • 1944年 - コムソモールボスタンルイクスキー地区委員会教官、第二書記
  • 1945年~1950 - ソ連軍に勤務
  • 1950年 - コムソモール・タシュケント市オクチャブリスキー地区委員会課主任
  • 1951年 - ウズベキスタン共産党タシュケント市オクチャブリスキー地区委員会教官、課主任、書記
  • 1955年 - ウズベク・ソビエト社会主義共和国内務省消防局政治課長
  • 1956年 - ウズベキスタン共産党タシュケント市委員会課主任
  • 1959年 - ウズベキスタン共産党タシュケント市オクチャブリスキー地区委員会第一書記
  • 1962年 - タシュケント市執行委員会議長
  • 1963年 - ウズベキスタン共産党中央委員会書記
  • 1970年 - 駐スリランカ・ソ連大使(駐モルジブ大使を兼任)
  • 1978年 - 駐ヨルダン大使
  • 1985年 - ウズベク・ソビエト社会主義共和国外務相
  • 1986年 - ウズベク・ソビエト社会主義共和国最高会議幹部会議長
  • 1988年1月 - ウズベキスタン共産党第一書記
  • 1989年6月 - ソ連最高会議民族会議議長
  • 1991年9月 - ソ連大統領顧問
  • 1991年11月 - 年金生活

国内の綿花マフィアを表現するためにシャラフラシドフシチナ(ロシア語:шарафрашидовщина)なる用語を導入した。

第11期ソ連最高会議代議員。ソ連人民代議員。1986年からソ連共産党中央委員会委員。1990年7月14日からソ連共産党中央委員会政治局員。

「人民友好」勲章を受章。

先代:
イナムジョン・ウスマンホジャエフ
ウズベキスタン共産党第一書記
1988年 - 1989年
次代:
イスラム・カリモフ