ラファエレ・デ・ロサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラファエレ・デ・ロサ
Raffaele de Rosa 2009 Donington.jpg
2009年 ドニントンパーク
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1987年3月25日(27歳)
出身地 ナポリ
ロードレース世界選手権での記録
- Moto2クラスに参戦 -
現在のチーム G22レーシングチーム(第4戦まで)
ゼッケン 35
チャンピオン 0
レース数 104
優勝回数 0
表彰台回数 2
PP回数 2
FL回数 3
通算獲得ポイント 280
2011年の成績 - (0ポイント)

ラファエレ・デ・ロサ ( Raffaele de Rosa, 1987年3月25日 - ) は、イタリアナポリ出身のオートバイレーサー

経歴[編集]

14歳の時にレースを始める。イタリア、スペインの国内選手権、ロードレースヨーロッパ選手権等に参戦した後、2004年のイギリスGPで、負傷したライダーの代役参戦としてホンダのマシンを駆ってロードレース世界選手権125ccクラスにデビューを果たす。

2005年にはマッテオーニ・レーシングからアプリリアを駆って125ccクラスフル参戦を開始。13ポイントを獲得してデビューシーズンをシリーズランキング23位で終えた。

2006年はマルチメディア・レーシングに移籍。パブロ・ニエトヴァンサン・ブライヤールをチームメイトに迎えたこのシーズンはシリーズ16位に入った。翌2007年も同チームに残留し、ドミニク・エガーターのチームメイトを務めた。開幕戦カタールGP第3戦トルコGPで4位に入り、またファステストラップを2回記録するなどの活躍を見せた(シリーズランキングは前年と同じ16位)。

2008年アンヘル・ニエトJr.率いるオンデ2000チームに移籍し、再びパブロ・ニエトをチームメイトにKTMのマシンを駆ることになった。第6戦イタリアGPでは自身初のポールポジションを獲得するが、シーズンを通して転倒やマシントラブルが多く、シリーズランキングは18位に終わった。

2009年、デ・ロサは250ccクラスにステップアップを果たし、チーム・スコット青山博一のチームメイトとしてホンダ・RS250RWを駆ることになった。開幕から安定して上位でのフィニッシュを続け、第15戦オーストラリアGPではクラス初のポールポジションから初表彰台となる3位を獲得、最終戦バレンシアGPでも3位を獲得し、前年度125ccクラスチャンピオンのマイク・ディ・メッリオを上回るシリーズランキング6位を記録、見事ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。

2010年は250ccクラスの後継となるMoto2クラスに、テック3チームから高橋裕紀のチームメイトとして参戦した[1]。しかしこのシーズン、デ・ロサは全クラス通して最多となる22度もの転倒を喫してしまい[2]、ポイントを獲得できたレースはわずか4戦、年間ランキングは27位にまで沈んだ。

2011年シーズンはかつてのチームメイトであるパブロ・ニエトが運営するスペインのG22レーシングに移籍、モリワキのシャシーを駆ることとなった[2]。しかし開幕から4戦連続ノーポイントという成績不振と、スポンサー獲得のためにスペイン人ライダーが必要というチームの台所事情から、第5戦カタルニアGPを前にカルメロ・モラレスにシートを奪われてしまった[3]

ロードレース世界選手権 戦績[編集]

シーズン クラス バイク 出走 優勝 表彰台 PP ポイント
2004年 125cc ホンダ 1 0 0 0 0 -
2005年 125cc アプリリア 16 0 0 0 13 23位
2006年 125cc アプリリア 16 0 0 0 37 16位
2007年 125cc アプリリア 17 0 0 0 56 16位
2008年 125cc KTM 17 0 0 1 37 18位
2009年 250cc ホンダ 16 0 2 1 122 6位
2010年 Moto2 テック3 17 0 0 0 15 27位
2011年 Moto2 モリワキ 4 0 0 0 0 -
合計 104 0 2 2 280

脚注[編集]

外部リンク[編集]