ラファエル・ボンベリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラファエル・ボンベリ(Rafael Bombelli、1526年-1572年)は、ボローニャ生まれのイタリア数学者である。

ボンベリは代数学の論文を書き、虚数の研究の中心的な人物となった。

彼は虚数に関わる諸問題を最終的に解決した1人である。1569年、ボンベリはシピオーネ・デル・フェッロニコロ・フォンタナ・タルタリアの方法を用いて方程式を解いて、+iと-iを導入し、それらが代数学でどのような役割を果たすかを示した。

月のクレーターボンベリは彼の名前に由来している。

ボンベリの方法[編集]

ボンベリは平方根を求めるのに連分数を用いた。彼の方法を用いて \sqrt{n} を求めるには、まずn=(a\pm r)^2=a^2\pm 2ar+r^2\ かつ0<r<1\ なるrを求めることになるが、このrはr=\frac{|n-a^2|}{2a\pm r}と表せる。右辺に出てくるrを消去すると連分数を用いて次のように表せる。

a\pm \frac{|n-a^2|}{2a\pm \frac{|n-a^2|}{2a\pm \frac{|n-a^2|}{2a\pm \cdots }}}

例えば、\sqrt{13}\ の真の値は3.605551275...であるが、ボンベリの方法を用いると次のようになる。

3\frac{2}{3},\ 3\frac{3}{5},\ 3\frac{20}{33},\ 3\frac{66}{109},\ 3\frac{109}{180},\ 3\frac{720}{1189},\ \cdots

最後の式の値は3.605550883...となる。ボンベリの方法はアレクサンドリアのヘロンアルキメデスの方法と比較される。

アルキメデスが\pi \ を求めた方法を用いると\frac{265}{153}<\sqrt{3}<\frac{1351}{780}となる。