ラファイエット夫人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラファイエット夫人

ラ・ファイエット伯爵夫人マリー=マドレーヌ・ピオシュ・ド・ラ・ヴェルニュ(Marie-Madeleine Pioche de La Vergne, comtesse de La Fayette、1634年3月18日(洗礼日) - 1693年5月25日)、いわゆるラファイエット夫人(Madame de La Fayette)は、フランスの女流作家。

生涯[編集]

1634年パリに下級貴族の家庭で生まれ、若くしてギリシャ語ラテン語イタリア語などを学んだ。少女時代から摂政母后アンヌ・ドートリッシュに仕え、サロンの花形となった。1655年、ラファイエット伯爵と結婚、オーヴェルニュの領地に暮らすが、1660年ごろには夫婦仲は疎遠になっていた。シャイヨのサント・マリー修道院にいる2人の妹たちをたびたび訪ねるうちに、亡命中のチャールズ1世の未亡人であったヘンリエッタ・マリアと末娘の王女ヘンリエッタ・アンの知遇を得た。ラファイエット夫人は下級貴族の出身に過ぎなかったが、10歳年下のヘンリエッタと深い友情で結ばれ、その友情は生涯変わらず、ヘンリエッタ・アンの最期も看取った。セヴィニエ夫人とも交流があった。義兄ルイ14世とヘンリエッタの不倫を擁護するために、小説を刊行する。『クレーヴの奥方』などの作品を残し、1693年に死去した。

著書・伝記[編集]

  • クレーヴの奥方 (3篇とも生島遼一訳で、岩波文庫
  • モンパンシエ公爵夫人
  • タンド伯爵夫人
  • 実像クレーヴの奥方 〈ヴァロワ宮廷の華〉アンヌ・デストの生涯(ヴァランティーヌ・ポワザ 萩原茂久訳 彩流社 1995年)

外部リンク[編集]