ラピド (仮装巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Rapido at Port Said 1898.jpg

ラピド (Rapido) はスペイン海軍仮装巡洋艦。元は1889年に建造されたハンブルク・アメリカラインen)の客船コロンビア (SS Columbia) であり、1898年米西戦争で仮装巡洋艦とするためスペイン海軍が購入した[1]。そして、武装されラピドと改名されて、アメリカアジア艦隊撃破と4000名のフィリピンへの増援部隊輸送の任を負ったManuel de Camara少将率いるフィリピン救援部隊の一員となった[2]。Camaraの戦隊は戦艦ペラヨ、装甲巡洋艦エンペラドル・カルロス5世、仮装巡洋艦Patiota、駆逐艦アンダズオサドプロセルピナ、輸送船ブエノスアイレス、パナイ、アルフォンソ12世、アントニオ・ロペス、給炭艦4隻とラピドで構成され、1898年6月16日にカディスから出撃した[3]

戦隊は1898年6月17日にジブラルタルを通過し[4]カリブ海へ単独で向かうアルフォンソ12世、アントニオ・ロペスは分離された。)、1898年6月26日にエジプトのポートサイドに到着[5]。Camaraは石炭積み替えの許可を求めたが、エジプトの中立に対する懸念からそれは6月30日に不許可となった[6]

Camaraの戦隊は1898年7月5日にスエズに着いたが[7]、そのときすでにパスクワル・セルベラ中将の艦隊はサンチャゴ・デ・キューバ海戦で殲滅され、サンチャゴ・デ・キューバを封鎖していたアメリカ艦隊が自由になっていた。スペイン沿岸の安全に対する不安から1898年7月7日にスペインの海軍大臣はCamaraの戦隊を呼び戻した[8]。そして、戦隊は1898年7月17日にスエズを離れてスペインへ向かい、1898年7月25日に戦隊は解散した8[9]

1898年8月に戦争が終結すると、ラピドは民間船に戻った。日露戦争中にはロシア海軍の仮装巡洋艦テレクとなった。

1907年解体[10]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Cervera Y Topete, Pascual. Office of Naval Intelligence War Notes No. VII: Information From Abroad: The Spanish-American War: A Collection of Documents Relative to the Squadron Operations in the West Indies, Translated From the Spanish. Washington, D.C.: Government Printing Office, 1899.
  • Nofi, Albert A. The Spanish-American War, 1898. Conshohocken, Pennsylvania:Combined Books, Inc., 1996. ISBN 0938289578.

外部リンク[編集]