ラバライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
暗闇に光るラバライト

ラバライト: Lava light)は、現代のインテリアとしての色あいが強い照明器具。カラフルに色付けがされており、さまざまな形のものが存在する。

透明な管の中に着色された水が入っており、それと一緒に様々な浮遊物が入っている。これらの内容物は、電燈の発する対流を起こし、その結果、内部がうねうね、くねくねしたり、浮いたり沈んだりしてるなど、じっと眺めているだけで楽しませてくれる。誤解されがちであるが、恋人(lovers)やゴム(rubber)製品とは特に関係がなく、Lavaは溶岩を意味する英語で、流体がうねる様を暗喩している。ラーヴァランプラーヴァライトとも。

歴史[編集]

イギリス人エドワード・クレイヴン・ウォーカー1960年代に発明したのが初めで、「アストロライト」「アストロランプ」などと名づけられた。1965年ハンブルクで開催されたトレードショーに出展され、プロモーターのアドルフ・ワートハイマーが目をつけ、ワートハイマーとその事業仲間のハイ・スペクターがアメリカでの製造権を買い取った。ハガーティー・エンタープライゼス社が製造し、ラヴァ・ワールド・インターナショナル社から「ラヴァ・ライト (Lava Lite)」という商品名で発売された。ラバライトは激動の時代であった1960年代の象徴となり、色とりどりに輝くその姿は非常に一般的になっていたリクリエーショナル・ドラッグ(娯楽のための麻薬)による幻覚症状に喩えられた。1990年代に発明者のウォーカーはラバライトを製造しているマスモス社のクレシーダ・グレンジャーにラバライトにまつわる権利を売却した。

外部リンク[編集]