ラハティL-35

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラハティL-35
Lahti L-35-1.jpg
概要
種類 自動拳銃
製造国 フィンランドの旗 フィンランド
設計・製造 VKT/ 共和国銃器工廠
性能
口径 9mm
銃身長 107 mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 8発箱型弾倉+1
作動方式 ショートリコイル方式
全長 245 mm
重量 1.2kg
銃口初速 335 m/s (1,100 ft/s)

ラハティL-35は、アイモ・ラハティによって設計され、VKT(Valtion Kivääritehdas)で製造された軍用自動拳銃。

概要[編集]

試作型L-29、L-31に続き1935年にL-35が造られた。1935年から1952年までに約9,000丁が製造され、4つの生産シリーズに分けられる。寒さと汚れに対する信頼性向上のため、ボルトアクセラレイターを備え、少数だが着脱式ストックも生産された。

冬戦争から実戦投入され、1980年代にFNブローニング・ハイパワーDAが採用されるまで、フィンランド軍で使用された。

また、1950年代には民間へも販売された。

生産シリーズ[編集]

  • 第1シリーズ
1941年までに生産された。
  • 第2シリーズ
1941年から1942年まで生産された。
  • 第3シリーズ
フィンランド軍向け最終生産型。
  • 第4シリーズ
民間・輸出用。

ハスクバーナ m/40[編集]

スウェーデン軍用に、ハスクバーナ(Husqvarna)社でライセンス生産された型。1940年スウェーデン軍に採用され、1946年までに約100,000丁製造された。

スウェーデン軍用の9mmパラベラム弾は、寒冷地対策として発射薬の多い強装弾のため、m/40も耐久性向上の改良が行われたが、1980年代にはヒビが入り始めた。そのため、保管されていたFNブローニングM1903(軍制式名m/07)を、陸軍用グロック17(軍制式名m/88)、空軍用グロック19(軍制式名m/88B)が採用されるまで使用した。

関連項目[編集]