ラド・グルゲニゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グルジアの旗 グルジアの政治家
ウラジーミル・"ラド"・グルゲニゼ
ვლადიმერ (ლადო) გურგენიძე
Vladimer "Lado" Gurgenidze
Lado Gurgenidze (August 25, 2008).jpg
生年月日 1970年12月17日(44歳)
出身校 トビリシ大学アメリカミドルベリー大学エモリー大学ゴイズエタ・ビジネス・スクール
現職 銀行家、グルジア銀行頭取、同銀監督委員会議長、首相
称号 MBA

任期 2007年11月22日 - 2008年11月1日
大統領 ミヘイル・サアカシュヴィリ
テンプレートを表示

ウラジーミル・"ラド"・グルゲニゼグルゲニーゼグルゲニッゼグルジア語: ვლადიმერ (ლადო) გურგენიძეVladimer "Lado" Gurgenidze1970年12月17日 - )は、グルジア実業家政治家。第17代グルジア首相グルジア銀行監督委員会議長を経て、2007年11月16日健康上の理由で解任されたズラブ・ノガイデリの後任として、11月16日首相に任命された[1]

生い立ち・学歴[編集]

1970年12月17日グルジア・ソビエト社会主義共和国(当時)のトビリシに生まれる。グルジアとイギリス二重国籍トビリシ大学アメリカミドルベリー大学に学び、エモリー大学ゴイズエタ・ビジネス・スクールMBA学位を取得する。

実業界[編集]

1997年から1998年までABNアムロ銀行ロシア独立国家共同体(CIS)向けコーポレート・ファイナンス担当取締役1998年ロンドン勤務。いくつかの上級職を歴任した。2003年7月、投資銀行Putnam Lovell NBFの業務執行取締役(マネージング・ディレクター)兼欧州担当取締役となる[2]

2003年グルジアでバラ革命が起こると帰国し、2004年グルジア銀行頭取となる。2006年5月、グルジア銀行監督委員会議長に就任する。グルゲニゼはグルジア銀行の業務刷新に腕を振るい、同銀はグルジア国内トップ銀行となった。2006年にはテレビでドナルド・トランプばりの大広告をうち評判になった。

グルジア首相[編集]

2007年グルジアデモの直後、ミヘイル・サアカシュヴィリ大統領は、健康上の理由で辞意を表明したズラブ・ノガイデリ首相の後任にグルゲニゼを指名した。2007年11月22日グルジア議会はグルゲニゼを承認した。

こうして政界入りしたグルゲニゼは、サアカシュヴィリとの関係も良好であるが、このことが嵩じて、批判めいたことを一切言わないとの評もある[3]

2008年南オセチア戦争では、ユダヤ教のラビ、アーロン・レイビ・シュタインマンに天佑を祈願したという[4]

2008年10月27日サアカシュヴィリ大統領によって解任された。首相解任の背景には、対露戦争の開戦責任を問う声が高まり、サアカシュヴィリに対する批判を回避したという観測がなされた。

私生活ではラリサ夫人との間に、3人の子供がいる。

脚注[編集]

  1. ^ Parliament Approved New Prime Minister And Cabinet Of Ministers. The Prime News. 2007年11月22日.
  2. ^ Saakashvili Reshuffles Minister of Cabinet. The Georgian Times. November 16, 2007.
  3. ^ BOG Chief as New PM, Media Suggest. Civil Georgia. November 16, 2007.
  4. ^ Jerusalem Post Georgia's PM Asks for Rabbi's Blessing

外部リンク[編集]

先代:
ズラブ・ノガイデリ
グルジアの首相
2007年 - 2008年
次代:
グリゴル・ムガロブリシュヴィリ