ラッセ・オッテセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ノルウェーの旗 ノルウェー
男子 ノルディックスキー
冬季オリンピック
1994 リレハンメル ノーマルヒル個人

ラッセ・オッテセン(Lasse Ottesen、1974年4月8日 - )はノルウェー南東部アーケシュフース県Aurskog出身の元スキージャンプ選手。

プロフィール[編集]

1991年スキージャンプ・ワールドカップデビュー。

1992年アルベールビルオリンピックに出場しノーマルヒル、ラージヒルともに45位だった。

1994年、地元開催のリレハンメルオリンピックでノーマルヒル個人銀メダルを獲得。

1993/94シーズンのジャンプ週間で、オッテセンはチームメイトのエスペン・ブレーデセンが総合優勝争いにおいてドイツのイェンス・バイスフロクに勝つために悪名高き役割を演じた。 第4戦ビショフスホーフェンの2本目、最後のジャンプを前にバイスフロクは8ポイントのリードを持っていた。 最後のジャンプの飛躍順はブレーデセン-オッテセン-バイスフロクであった。 ブレーデセンは121.5mを飛び、バイスフロクが上回るには117m以上飛ぶことが必要となった。 ここでオッテセンは風の状況が悪くなるまで不当に長くスタートを引き伸ばした。 バイスフロクは113.5mに終わり総合優勝を逃す結果となり、後にこの不正に対して強い不満を表明した。[1]

1995年、カナダ、サンダーベイでの世界選手権ではラージヒル個人で4位入賞している。

ワールドカップでの優勝は無く、2位が3回3位が6回ある。 また、スキーフライング世界選手権では5位に2度(1994年、1998年)入賞している。

2000/01シーズン限りで現役を引退し、ノルウェーノルディック複合チームのジャンプコーチに就任。2004年からUSAノルディック複合チームコーチを務め、2006年には同チーフコーチに就任した。

外部リンク[編集]

脚注[編集]