ラッセル小体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラッセル小体: Russell body)は、一般に免疫グロブリンの過剰産生を経た形質細胞で観察される均一の免疫グロブリンを有する巨大な好酸性の構造物。ラッセル小体は腫大した小胞体を特徴とする。

多発性骨髄腫で観察される細胞変化の1つ。

ラッセル小体の名称は、スコットランドの内科医ウィリアム・ラッセルにちなむ[1][2]

米国アムジェン社を中心に、生産効率の高い抗体医薬品候補のクローンを発見する際のスクリーニングなど、バイオテクノロジーの分野での応用にも注目されている。[3][4][5]

脚注[編集]

  1. ^ Whonamedit.com
  2. ^ W. Russell. An address on a characteristic organism of cancer. ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル, London, 1890, 2: 1356-1360.
  3. ^ Russell body inducing threshold depends on the variable domain sequences of individual human IgG clones and the cellular protein homeostasis. Biochim Biophys Acta. 2012 Oct;1823(10):1643-57
  4. ^ Aggregates, crystals, gels, and amyloids: intracellular and extracellular phenotypes at the crossroads of immunoglobulin physicochemical property and cell physiology. Int J Cell Biol. 2013:604867
  5. ^ Russell body phenotype is preferentially induced by IgG mAb clones with high intrinsic condensation propensity: relations between the biosynthetic events in the ER and solution behaviors in vitro. mAbs 2014:6(6)

外部リンク[編集]