ラッセル商会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラッセル商会(-しょうかい、Russell & Co.旗昌洋行)は、19世紀極東で著名であったアメリカ系の貿易会社である。主に上海に拠点を置き、横浜にも支店を置いた。主にトルコから中国への阿片の輸出と、東アジアからの生糸の輸入を中心に取引を行なっていた。

来歴[編集]

ラッセル商会の著名人[編集]

  • サミュエル・ワズワース・ラッセル(Samuel Wadsworth Russell、1789年8月25日 – 1862年5月5日) - ラッセル商会設立者。
  • ウィリアム・ハンティントン・ラッセル(William Huntington Russell、1809年8月12日 – 1885年5月19日) - サミュエル・ラッセルのいとこ。イェール大学スカル・アンド・ボーンズ創設者。
  • ウォーレン・デラノ・ジュニア英語版(Warren Delano, Jr.) - フランクリン・ルーズベルトの母方の祖父。
  • ロバート・ベネット・フォーブス(Robert Bennet Forbes)
  • ジョン・マレー・フォーブス英語版(John Murray Forbes) - ジョン・ケリーの曽おじ。
  • アビエル・アボット・ロー(Abiel Abbot Low)
  • ウィリアム・ヘンリー・ロー(William Henry Low) - アビエル・アボットのおじ。
  • ウィリアム・ヘンリー・ロー(William Henry Low) - アビエル・アボットの兄弟。
  • オーガスティン・ハード(Augustine Heard)
  • ラッセル・スタージス(Russell Sturgis)
  • ジョン・クレーヴ・グリーン(John Cleve Green)

関連項目[編集]