ラッシュ (英バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラッシュ
Lush
Lush in my backyard.jpg
'90年代初頭(左からフィル、エマ、クリス、ミキ)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル シューゲイザー
ドリーム・ポップ
ノイズポップ
ブリットポップ
活動期間 1987年 - 1996年
レーベル 4AD (UK) / リプリーズ (US)
公式サイト 4ad.com/artists/lush
旧メンバー ミキ・ベレーニ(ボーカルギター
エマ・アンダーソン(ボーカルギター
フィル・キング(ベース
クリス・アクランド(ドラム
メリエル・バーハム(ボーカルギター
スティーヴ・リッポン(ベース

ラッシュ (Lush)はイギリスロンドン出身のロックバンド1987年結成。フィードバック・ノイズを用いたシューゲイザー的なサウンドと、ファルセットを多用したボーカルが特徴である。

来歴[編集]

イングランドのクイーンズカレッジで、14歳だったハンガリー人と日本人のハーフであるミキ・ベレーニ(Miki Berenyi)とエマ・アンダーソン(Emma Anderson)が知り合う。

1988年にロンドンのPolytechnic Universityで英文学を勉強していたミキは、そこでクリス・アクランド(Chris Acland)とスティーヴ・リッポン(Steve Rippon)、メリエル・バーハム(Meriel Barham)と知り合い、エマと一緒にThe Baby Machinesというバンドを結成する[1]

エマの友人であるケヴィン・ピカリング(Kevin Pickering)がバンドをLushと命名する。88年の3月に最初のライブを行い、プレスから好意的な評価を受けた。しかし、当時ボーカルだったメリエルが脱退してペイル・セインツ(Pale Saints)に加入したため、代わりにミキがボーカルを取ることになる。

89年に4ADと契約して、ジョン・フライアー(Jhon Fryer)のプロデュースで6曲入りミニアルバム『Scar』をリリースする。翌90年、コクトー・ツインズ(Cocteau Twins)のロビン・ガスリー(Robin Guthrie)のプロデュースでシングル『Mad Love』をリリースし、続けてティム・フリーズ・グリーン(Tim Friese-Greene)のプロデュースで『Sweetness and Light』をリリースする。また、これまでの3つのリリースの曲をまとめた編集盤『ガラ(Gala)』がアメリカでリリースされる。このタイトルは、画家のサルバドール・ダリの妻ガラ・エリュアールの名前から取っている。

91年にはライドと共にアメリカツアーを行う。同年末にスティーヴが小説を書くことに専念するために脱退し、代わりに元NMEの記者であるフィル・キング(Phil King)が加入する。92年、ロビン・ガスリーのプロデュースで1stアルバム『スプーキー(Spooky)』をリリースし、イギリスのアルバム・チャートで7位に入るヒットとなる。

94年、マイク・ヘッジ(Mike Hedges)のプロデュースとアラン・モウルダー(Alan Moulder)のミックスによる2ndアルバム『スプリット(Split)』をリリース。 また、同時に『Hypocrite』と『Desire Lines』の2枚のEPをリリースする。

96年、最後のアルバムとなる『ラヴライフ(Lovelife)』をリリースする。シューゲイザー的なサウンドは薄れ、パルプのフロントマンであるジャーヴィス・コッカーが参加するなど、当時流行していたブリットポップの影響を受けた作風に変化し、全英アルバムチャートで8位に入っている。

同年10月、クリスが実家で首を吊って自殺。残されたメンバーは長い間悲嘆に暮れ、翌97年2月に解散(公式に解散が宣言されたのは翌年2月)[1]

解散後、ミキはザ・レンタルズ (The Rentals) のアルバム『Seven More Minutes』や、コクトー・ツインズのサポートメンバーだったタテ・ミツヲのソロユニットFlat7の『Lost in Blue』にゲストとして参加している。 エマはリサ・オニール(Lisa O'Neil)とSing-Singを結成する。 フィルはジーザス&メリーチェイン(The Jesus and Mary Chain)に参加している。

メンバー[編集]

レンヌにて(1990年4月)
  • ミキ・ベレーニ (Miki Berenyi) / ボーカル、ギター
  • エマ・アンダーソン (Emma Anderson) / ボーカル、ギター
  • フィル・キング (Phil King) / ベース
  • クリス・アクランド (Chris Acland) / ドラム
  • メリエル・バーハム (Meriel Barham) / ボーカル、ギター
  • スティーヴ・リッポン (Steve Rippon) / ベース

ミキ・ベレーニ[編集]

父親がハンガリー人で母親が日本人(元女優の永積靖子)のハーフ。永積はイギリスのテレビドラマ『プロテクター電光石火(The Protectors)』や『スペース1999(Space: 1999)』などに出演している。

また、雑誌のインタビューにてハナレグミ名義で活動する永積崇はいとこであり、コーネリアス名義で活動する小山田圭吾はまたいとこに当たると語っている。[2]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • スプーキー (Spooky) / 1992年
  • スプリット (Split) / 1994年
  • ラヴライフ (Lovelife) / 1996年

編集盤[編集]

  • ガラ (Gala) / 1990年
  • クッキー (Cookie) / 1994年
  • トポリーノ (Topolino) / 1997年
  • Ciao! The Best of Lush / 2001年

シングル、EP[編集]

  • Scar EP / 1989年
  • Mad Love EP / 1990年
  • Sweetness and Light / 1990年
  • De-Luxe / 1991年
  • Nothing Natural / 1991年
  • For Love EP / 1992年
  • Superblast / 1992年
  • Nothing Natural / 1992年
  • Hypocrite / 1994年
  • Desire Lines / 1994年
  • Single Girl / 1996年
  • Ladykillers / 1996年
  • 500 (Shake Baby Shake) / 1996年

脚注[編集]

  1. ^ a b Thompson, Dave (2000) Alternative Rock, Miller Freeman, ISBN 0-87930-607-6, p. 478-9
  2. ^ Under the Rader Issue #19 Fall 2007

関連項目[編集]

外部リンク[編集]