ラタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラタLatah)とは驚愕反応によって引き起こされる、昏睡状態に陥った患者が言語的・身体的な自動症を繰り返し演じる状態である。世界中で一定の文化環境内でしか見られないことから、一般に文化依存症候群とみなされている。

概要[編集]

名詞としてのLatahはまた人々のある状態を指す。主に成人女性に見られ、周囲の言動を真似る、時々与えられたいかなる指示にも服従するといった本人にも制御不能な行動に驚くことにより、重い無気力に陥って苦しんでいる。こういった現象の中の行動は、本稿のラタが原因であるとは一般的に考えられていない。

とはいえ、中東発祥のラタという単語は東南アジアでも使用されている。似たような病状はメイン州フランス系カナダ人の製材業者のメーヌ跳躍フランス人病、日本のアイヌイムシベリアピブロクトのように他の文化や地域でも確認され、これらの症候群の関係が議論されている。[1] ラタはウィリアム・S・バロウズの著書で繰り返し取り上げられている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]