ラスナマエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラスナマエ地区の風景。ソ連風の集合住宅が並ぶ。

ラスナマエ(Lasnamäe)〔エストニア語での発音は「ラスナメェー」に近い〕とは、エストニアの首都タリンにおける行政地域の一つ。タリンの中でもロシア系住民が多数を占める地区として知られる。人口は約11万3千人(2006年)。

周辺に石灰石が多く埋蔵しており、中世より採掘されていた。かつてのソ連統治時代には軍需工場があったが閉鎖された。エストニア内でも治安の悪い地域であり、日本の外務省も注意を喚起している。

FCアヤックス・ラスナマエが、ラスナマエ地区を本拠地とするサッカークラブである。

参考文献[編集]

  • 原翔 『バルト三国歴史紀行Ⅰ エストニア』 彩流社、2007年