ラスト シンデレラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「ラスト♡シンデレラ」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
ラスト♡シンデレラ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2013年4月11日 - 6月20日(11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 田中亮
平野眞
関野宗紀
脚本 中谷まゆみ
プロデューサー 中野利幸
出演者 篠原涼子
三浦春馬
藤木直人
大塚寧々
飯島直子
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
オープニング ケラケラスターラブレイション
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回・第8話・最終話は15分拡大(22:00 - 23:09)。
テンプレートを表示

ラスト♡シンデレラ』は、2013年4月11日から6月20日までフジテレビ木曜劇場枠(毎週木曜日22:00 - 22:54[1]JST)で放送された日本のテレビドラマ。主演は篠原涼子

篠原が39歳の独身女性を演じ、お色気描写を交えて大人の恋愛を描く連続ドラマ[2][3]

企画・制作[編集]

恋に不器用で、仕事に没頭するもののホルモンバランスの崩れから「オス化」してきた「おやじ女子」の39歳の独身女性を主人公に、「ちょっとエッチな大人の恋物語」をキャッチフレーズとして「大人の恋愛」を描くドラマ。

放送当時、日本のテレビドラマでは性的描写が自粛傾向にあったが、フジテレビプロデューサーの中野利幸は、大人の女性の恋愛を描く上で「エッチな話や行為を避けるのは逆に不自然」であるとして、リアリティ追求のために必要なものとして多く盛り込んでいる。また、表現については健康的で明るいコントのようなスタイルを取り、卑猥(ひわい)さや生々しさを避けるように配慮され、視聴者が学校や職場などで気軽に話題にできるテレビ的エンターテインメントの原点を追求している。[4]

これらの反響は大きく、後述の通り第7話時点まで視聴率は一度も下がる事はなかった。初回から7話連続視聴率ダウンなしという記録は、当ドラマの次のクールに放送された『半沢直樹』(TBS)に抜かれるまでは民放の連続ドラマ史上最高記録であった[5][6]

放送・配信[編集]

初回・第8話は15分拡大(22:00 - 23:09)。視聴率は初回から第7話まで1度も数字を下げない右肩上がりを記録した。これは1989年に日本で視聴率がデータ化されて以来、民放の連続ドラマでは史上初のことである[7]

放送後の見逃し配信はフジテレビオンデマンドで毎週火曜日16:00に最新話が追加配信されている[8]。このほかYouTubeの番組公式動画があり、本作のお色気シーンを集めたダイジェストは掲載から2週間で40万再生を記録している。[4]

あらすじ[編集]

ヘアーサロン「HAPPY GO LUCKY吉祥寺店」で、副店長を務める遠山桜(篠原涼子)。彼女は仕事は出来るが、私生活は自堕落かつ無頓着。多忙な生活を送っていたある日、自分の顎にヒゲが生えていたことが発覚してショックを受ける。そんな中、桜は新店長・立花凛太郎(藤木直人)とBMXライダーの佐伯広斗(三浦春馬)と出会ったことで、彼女の人生に転機が訪れる。

登場人物[編集]

人物の名は公式サイト相関図[9]、オンデマンド放送で確認できるものに基づく。

主要人物[編集]

遠山 桜(とおやま さくら)〈39〉
演 - 篠原涼子
ヘアーサロン「HAPPY GO LUCKY吉祥寺店」副店長。今は仕事が楽しい時期で結婚はまだ考えていない。しばらく恋もご無沙汰で、中年男性のような生活を送っていたら女性ホルモンが減少し、ヒゲが生えて来た。
佐伯 広斗(さえき ひろと)〈24〉
演 - 三浦春馬
佐伯はライダーネームで本姓は大神BMXライダー。高校卒業後、本格的にBMXの大会に参戦し、日本ランキング1位まで登りつめるが膝の靱帯断裂の大怪我を負ってから、良い成績が残せなくなってしまう。義妹・千代子の依頼で桜に接近する。
立花 凛太郎(たちばな りんたろう)〈39〉
演 - 藤木直人
ヘアーサロン「HAPPY GO LUCKY吉祥寺店」店長。銀座本店から異動してきた桜の同期で天敵。
大神 千代子(おおがみ ちよこ)〈23〉
演 - 菜々緒
大神コーポレーション社長の令嬢。幼いころからの桜・凛太郎の知り合い。10歳も歳が離れた凛太郎に恋愛感情を抱いている。
武内 美樹(たけのうち みき)〈42〉
演 - 大塚寧々
桜の友人。既婚者。夫とはセックスレスの状態が1年も続いてる。
長谷川 志麻(はせがわ しま)〈44〉
演 - 飯島直子
桜の友人。ジムトレーナー。離婚歴あり。性依存症肉食系女子。桜と遊ぶため、彼女の平日休みに合わせて、勤務スケジュールを調節している。

HAPPY GO LUCKY 吉祥寺店[編集]

柏木 智則(かしわぎ とものり)〈25〉
演 - NAOTO[10]
アシスタント。
松尾 のぞみ(まつお のぞみ)〈26〉
演 - 滝沢沙織
アシスタントリーダー。
柴田 春子(しばた はるこ)〈20〉
演 - 平田薫
竹原 みどり
演 - 太田希望[11]
上記2名は新人アシスタント。
萩原 寿男
演 - 風間トオル
経営者。事前に桜に相談もせず、独断で銀座本店で店長をしていた立花を吉祥寺店に異動させる。

武内家[編集]

武内 公平(たけのうち こうへい)〈41〉
演 - 遠藤章造
美樹の夫。光生命保険ファイナンシャル・プランナー。妻をホテルに迎えに来たとき、フロントで志麻に声を掛けられ妻の友人とは知らず、彼女の魅力にはまっていくが、肝心な場面でEDになってしまう。
武内 咲
演 - 芳根京子[12][13]
美樹・公平の娘。
武内 翔
演 - 笹原尚李
美樹・公平の息子。
武内 節子(たけのうち せつこ)〈68〉
演 - 野川由美子
公平の母。突然息子夫婦が暮らす自宅に押し掛け、嫁の美樹が迷惑に思っていることも顧みず、息子を過保護に溺愛する。

その他[編集]

遠藤 健一(えんどう けんいち)〈44〉
演 - 橋本さとし
凛太郎の幼馴染。桜の行きつけの店・SOBAR「エンドウ」経営者で、店では昼間は蕎麦を打っている。地元に戻ってきた凛太郎を歓迎する。
演 - 市川由衣
大神 隆志
演 - 名高達男
広斗の父で千代子の義父。大神コーポレーション社長。
大神 瑠璃
演 - 筒井真理子
千代子の実母。
立花 光子
演 - 前田美波里
凛太郎の母。ブティック経営。

ゲスト[編集]

桜の常連客
ヘアーサロン「HAPPY GO LUCKY」に通う桜の常連客たち。
勇介
演 - 遠藤要(第3・5・10 - 最終話)
桃の兄。
遠山 聡〈30〉
演 - 大林健二(第5話)
桜の弟。理恵とキャバクラで出会ってから交際期間2か月で結婚を決意するが、自分の母に猛反対され、理恵とともに姉を頼って福岡から駆け落ち同然に上京して来る。
理恵
演 - 小松彩夏(第5話)
聡の彼女。女手一つで育ててくれた母が他界し、頼れる身内が居ない。
将臣
演 - 山本裕典(第6 - 7話)[14]
ホストクラブAIRホスト。デイトレーダー。女子会の集まりでホストクラブに訪れた美樹と出会う。
小松 哲郎
演 - 前川泰之(第7話)
志麻の元夫。再婚した妻との間に一人娘のひまり(演:滝沢美結)が産まれる。
茅野 かすみ
演 - 三浦理恵子(第8話)
凛太郎は中学時代の後輩で元恋人。料理教室講師。夫と離婚することになり実家に戻るも居場所がなく、凛太郎を頼って美容室へ訪ねて来る。
富嶋 祥子
演 - 滝川恵理(第9話)
公平の担当看護師。
タケル〈24〉
演 - 菅谷哲也(第9・最終話)[15][16]
BMXライダー。アメリカで活躍するBMXライダーの先輩から渡米を勧められて、一緒に行かないかと練習仲間の広斗を誘う。
近藤 卓(こんどう すぐる)
演 - KEIJI(第10 - 最終話)[17][18]
お見合い会場で志麻が男性を選別していく中で最後まで残った32番の男性。 自信に満ち溢れている志麻とお見合いをすることで、あがり症を克服し、自分の駄目な性格を変えたいと思っていた。

スタッフ[編集]

  • 脚本 - 中谷まゆみ
  • 音楽 - 半沢武志[19]
  • 演出 - 田中亮、平野眞
  • 川柳の声 - 牧原俊幸フジテレビアナウンサー[20]
  • 演出補 - 関野宗紀、岩城隆一
  • 音楽プロデュース - 志田博英
  • 音楽コーディネート - 千田耕平
  • 選曲 - 谷口広紀
  • タイトルバック・VFX - 小林一博
  • タイトルロゴ - 原田直子
  • VFX - 佐竹淳、阪田俊彦
  • 特殊メイク - 江川悦子
  • フードコーディネーター - 住川啓子
  • BMX指導 - 米田大輔
  • BMXライダー - 岡紘希、中務泰法、根本秀幸、河本伸明
  • 美容師指導 - 中田直久、高橋澄絵、山口綾子、山先亮輔
  • ピラティス指導 - YASUYO
  • 方言指導 - 小林節子
  • 協力 - 全日本BMX連盟、BEAUTRIUM
  • 撮影協力 - MURASAKI PARK TOKYO、岡谷物流
  • プロデュース - 中野利幸
  • プロデュース補 - 西田久美子、荻田真弓
  • 制作著作 - フジテレビ

楽曲[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率[23]
第1話 4月11日 おやじ女子が恋を エッチな王子様登場 不器用な恋始まる 田中亮 13.3%
第2話 4月18日 恋と人生の大逆転!!年下男は王子様!? 14.4%
第3話 4月25日 おやじ女の大奮闘!?二人きりの夜に…!! 14.4%
第4話 5月02日 禁断のキス 平野眞 14.5%
第5話 5月09日 走り出した想い…!!恋の先にある衝撃!! 14.9%
第6話 5月16日 大波乱!!一触即発の三角関係!! 田中亮 15.0%
第7話 5月23日 イケナイkiss 平野眞 15.7%
第8話 5月30日 さよなら…そして、ありがとう 田中亮 14.8%
第9話 6月06日 オレはお前が好き 平野眞 15.9%
第10話 6月13日 お前はオレが守る 田中亮 16.1%
最終話 6月20日 私の選ぶ王子様 17.8%
平均視聴率 15.2%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

脚注[編集]

  1. ^ 初回・第8話・最終話は15分拡大(22:00 - 23:09)。
  2. ^ SANSPO.COM (2013年4月5日). “篠原涼子“おやじ女子”入浴シーンも披露”. 2013年4月14日閲覧。
  3. ^ 毎日新聞デジタル (2013年4月11日). “注目ドラマ紹介 : 「ラスト・シンデレラ」 篠原涼子が39歳“おやじ女子”を体当たりで熱演”. 2013年4月14日閲覧。
  4. ^ a b この段落の出典。『ラスト・シンデレラ』ヒットの理由は?”. ORICON STYLE. オリコン (2013年5月23日). 2013年5月23日閲覧。
  5. ^ 『半沢直樹』は初回から最終回(第10話)まで視聴率を一度も下げる事はなかった。
  6. ^ 半沢直樹、2週連続30%超え 関東地区で10年ぶりJ-CASTニュース
  7. ^ “史上初”右肩上がり連ドラ「ラスト・シンデレラ」記録更新なるか”. スポニチアネックス. スポーツニッポン (2013年5月30日). 2013年6月2日閲覧。
  8. ^ ラスト・シンデレラ、フジテレビオンデマンド、2013年6月2日閲覧。
  9. ^ 相関図、『ラスト・シンデレラ』公式サイト、2013年6月2日閲覧。
  10. ^ ORICON STYLE (2013年3月30日). “EXILE ・NAOTO、美容師役で連ドラ初出演「深夜まで特訓をしました!」”. 2013年4月14日閲覧。
  11. ^ モデルプレス (2013年4月11日). “人気モデル、篠原涼子・三浦春馬・菜々緒ら豪華キャストと共演で女優デビュー”. 2013年6月14日閲覧。
  12. ^ ラスト♡シンデレラ公式 トピックスvol.4 (2013年3月22日). “16歳、期待の新人女優 芳根京子さんの出演が決定!”. 2013年4月14日閲覧。
  13. ^ SANSPO.COM (2012年3月19日). “芳根京子、女優デビュー!篠原涼子からエール”. 2013年4月14日閲覧。
  14. ^ ハリウッドチャンネル (2013年5月9日). “山本裕典がホストに挑戦!篠原涼子主演『ラスト・シンデレラ』にゲスト出演”. 2013年5月17日閲覧。
  15. ^ とれたてフジテレビ (2013年5月30日). “さらに『テラスハウス』出演の菅谷哲也が、6月6日放送の第9話に広斗(三浦春馬)の友人役で登場!今をときめくすてき男子の共演が実現!”. 2013年6月7日閲覧。
  16. ^ シネマトゥデイ (2013年5月30日). “「テラスハウス」メンバー、「ラスト・シンデレラ」で三浦春馬と共演決定!”. 2013年6月7日閲覧。
  17. ^ web ザ テレビジョン (2013年6月13日). “ドラマ「ラスト・シンデレラ」の第10話でEXILE・KEIJIが脱ぐ!? 桜の恋の結末投票も開催!”. 2013年6月14日閲覧。
  18. ^ モデルプレス (2013年6月13日). “「ラスト・シンデレラ」にEXILE・KEIJI出演決定 脱ぎシーン披露も?”. 2013年6月14日閲覧。
  19. ^ ナタリー (2013年4月11日). “[http://natalie.mu/music/news/88538 元FreeTEMPO半沢武志、篠原涼子ドラマのサントラ制 作]”. 2013年4月14日閲覧。
  20. ^ ラスト♡シンデレラ公式 スペシャル (2013年4月3日). “「ラスト♡シンデレラ」presents あなたの一句がドラマで使われるかも? 『おやじ女子川柳』大募集!”. 2013年4月14日閲覧。
  21. ^ SANSPO.COM (2013年3月31日). “篠原ドラマ主題歌にケラケラ「笑顔を届ける」”. 2013年4月14日閲覧。
  22. ^ BARKS (2013年4月11日). “Rihwa、新曲「Last Love」が「ラスト・シンデレラ」の挿入歌に大抜擢”. 2013年4月14日閲覧。
  23. ^ 全放送回と平均の出典。ラスト・シンデレラ - スポニチ Sponichi Annex 芸能、2013年6月21日参照。

外部リンク[編集]

フジテレビ 木曜劇場
前番組 番組名 次番組
最高の離婚
(2013.01.10 - 2013.03.21)
ラスト♡シンデレラ
(2013.04.11 - 2013.06.20)
Oh,My Dad!!
(2013.07.11 - 2013.09.19)