ラスター彩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
10世紀イランのラスター彩の陶器

ラスター彩(ラスターさい、Lusterware)とは、焼成した白い錫の鉛釉の上に、などの酸化物で文様を描いて、低火度還元焔焼成で、金彩に似た輝きをもつ、9世紀-14世紀イスラム陶器の一種。ラスター(luster)とは、落ち着いた輝きという意味。

中国建窯中国語版の、曜変油滴禾目などの天目茶碗は、この影響を受けて作られ、ラスター現象が見られる。

関連項目[編集]