ラジュー出世する

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラジュー出世する
राजू बन गया जेंटलमैन
監督 アジズ・ミルザー
脚本 マノジュ・ラールワーニ
製作 G・P・シッピー
音楽 ジャティン・ラリット
撮影 ピノード・プラダーン
編集 ジャヴド・セイド
配給 日本の旗 エスパース・サロウ / シネマサラ
公開 インドの旗 1992年11月25日
日本の旗 1997年5月17日
上映時間 159分
製作国 インドの旗 インド
言語 ヒンディー語
テンプレートを表示

ラジュー出世する』(らじゅーしゅっせする、Raju Ban Gaya gentleman, राजू बन गया जेंटलमैन)は1992年製作のインド映画である。

日本公開は1997年である。

概説[編集]

日本では、1954年公開の『アーン』『灼熱の決闘』以来、43年振り、3本目のロードショー公開となるインド娯楽映画。次いで公開された『ムトゥ 踊るマハラジャ』に先立ってマサラムービーブームの礎を作った。公開時のキャッチコピーは「アジアン・エンターテイメントの最終兵器(リーサル・ウェポン)ついに登場」「ちょーお色気、めちゃお笑い、こてこてインドの大娯楽映画、42年ぶりのロードショー[1]」であった。通常インド娯楽映画は前後編に分かれ、途中休憩が入る作りになっているが、日本公開時には休憩を取らずに連続して上映されている。しかしながら、新宿東映パラス2における公開時にはしっかり休憩をとった珍しい作品でもある。主演のシャー・ルク・カーンは公開当時はインド織田裕二と称されていた[2]。インドでは公開と同時にチケットが一ヶ月先まで売り切れた[3]

ストーリー[編集]

ダージリンの大学で建築を学んだ青年ラジューは一旗揚げるために大都会ボンベイにやって来るが、あてにしていた友人が夜逃げ、口上を生業とする世俗離れしたジャイのもとに居候する。頭からラジューに水をかけてしまったOLのレヌは、やがてラジューと恋仲に。レヌの紹介で彼女の勤めるゼネコンに就職したラジューは、社長令嬢サプナーに気に入られあれよあれよという間に昇進していくが、レヌとの仲は擦れ違うようになり、さらに彼の出世を嫉妬したライバルたちによる罠がをラジュー待ち受ける。彼が責任者となった工事現場で人身事故が発生し、また社長の命令でしぶしぶ手を染めた贈賄も発覚、窮地に立たされ仲間たちの信頼も失う。ラジューは身の潔白を示すために動き出す。

スタッフ[編集]

  • 監督:アジズ・ミルザー
  • 製作:G・P・シッピー
  • 脚本:マノジュ・ラールワーニ
  • 撮影:ピノード・プラダーン

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 公開時ポスター・パンフレットより、「42年ぶり」は誤記。
  2. ^ 映画秘宝より。
  3. ^ 公開時パンフレットより。

外部リンク[編集]