ラジオ・フリー・アジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラジオ・フリー・アジア英語Radio Free Asia略称RFA)は、1994年米国議会が立法した「国際放送法」(International Broadcasting Act)に基づき、1996年に米国議会の出資によって設立された短波ラジオ放送局である。自由アジア放送(じゆうアジアほうそう)とも呼ばれている。

概説[編集]

放送局は民間の非営利法人が運営しているが、放送理事会(BBG)の管理下にある。なお、BBGは、「海外の聴取者に正確・客観・公正的な、アメリカ世界ニュース及びにその関連情報を放送し、以て自由民主化事業を促進・強化させる」ことを職責としている。

RFAは9種類の言語を、短波放送(場所によっては中波(AM)もある)、インターネットを通じて放送を行っている。RFAは1996年9月29日にまず普通話中国語)から放送を開始した。普通話はRFAが最も念入りに番組サービスを提供している番組であり、1日12時間に渡って放送されている。他にも、RFAは広東語ウイグル語チベット語朝鮮語(韓国語)、ベトナム語ラオス語クメール語ビルマ語の番組を放送している。

RFAは、「国内メディアを通じて、完全で均衡のとれた報道へと定期的に接することができないアジアの聴取者に対し、ニュースとその関連情報を放送する」こと及び、放送と聴取者参加プログラムを通じて、「多くの各アジア人民が欠乏している、ある事物に対する批評意見への見聞きを充足させる」ことを目指している。

受信報告関連[編集]

  • 四半期ごとに、QSLのイラストを変更している。ちなみに、2010年9月1日~12月31日受信分に対するQSLは開局14周年記念QSLである。
  • 受信報告は、電子メールでも受付している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

関連ニュース及びに情報[編集]