ラシーヌの雅歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラシーヌの雅歌』(Cantique de Jean Racine作品11は、フランス作曲家ガブリエル・フォーレが、17世紀フランスの古典劇作家ジャン・ラシーヌの宗教的な詩に基づいて作曲した、オルガン、あるいはハーモニウム混声四部合唱のための合唱曲。題名は『ラシーヌ讃歌』『ラシーヌ雅歌』等様々に訳されている。

概要[編集]

古典宗教音楽学校フランス語版の卒業作品として作曲され、これにより作曲部門一等賞を得て卒業している。変ニ長調4/4拍子、一貫して三連符のアルペッジョが貫かれ、フォーレののちの円熟した合唱作曲の書法の片鱗がすでに見える見事な合唱が展開される。


外部リンク[編集]