ラグーザ玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラグーザ玉

ラグーザ・玉(-たま、1861年7月17日文久元年6月10日) - 1939年昭和14年)4月6日)は、日本の女性画家。旧姓清原[1]、幼名多代[2]ラグーザお玉とも表記される。また西洋名はエレオノーラ・ラグーザ(Eleonora Ragusa)[3]。夫は彫刻家ヴィンチェンツォ・ラグーザ[1]

略歴[編集]

1861年7月17日文久元年6月10日)、江戸に生まれた[1]

幼名を多世(たよ)といい、自ら多代とも記した。若い頃から「エイシュウ」という人に師事したといわれ日本画、西洋画を学んだ。永寿と号す。1877年工部美術学校で教鞭をとっていた彫刻家ヴィンチェンツォ・ラグーザと出会い、西洋画の指導を受けた[2]。また玉はヴィンチェンツォの作品のモデルも務めた[1]

1880年にヴィンチェンツォと結婚。2年後の1882年に、夫婦でイタリアパレルモに渡行し、パレルモ大学美術専攻科に入学[1]サルバトーレ・ロ・フォルテに師事した[2]1884年には、ヴィンチェンツォがパレルモに工芸学校を開設し、玉は絵画科の教師を務めた[2]

また画家としても、パレルモやモンレアーレシカゴなど各地の美術展や博覧会で受賞するなど、高い評価を得ていた[2]

1927年に、夫のヴィンチェンツォと死別[1]東京美術学校にヴィンチェンツォの遺作を多数寄贈し、1933年、51年ぶりに日本に帰国した[2]。帰国後は画業に集中した。

1939年4月5日東京府東京市芝区(現在の東京都港区)の実家で脳溢血を起こし、翌6日に急逝、享年79[2]

1986年に、初の回顧展となる「ラグーザ玉展」が、新宿小田急グランドギャラリーなどで開催された。

作品[編集]

春(1912年)
  • 天楽礼讃
  • 昇天祭の夜

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『日本の美術 女性画家の全貌。――疾走する美のアスリートたち』(2003年美術年鑑社) p.121 ISBN 4-89210-156-7
  2. ^ a b c d e f g 『日本美術年鑑』1939年
  3. ^ 木村毅(編)『ラグーザお玉自叙伝』(恒文社1983年) p.112

関連項目[編集]