ラグナ・インゴルフスドッティル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
これはアイスランド人の名前です。姓にみえる部分は父称あるいは母称であり、の名前としてのではありません。この記事で取り扱っている人物は、正式には個人名ラグナで呼ばれます。

ラグナ・インゴルフスドッティルアイスランド語: Ragna Ingólfsdóttir1983年2月22日 - )は、アイスランドのバドミントン選手。レイキャビク出身。

アイスランドを代表する女子バドミントン選手であり、2007年のアイスランドアスリートオブザイヤーで3位になっている[1]。2008年には北京オリンピックに出場し、1回戦で日本の広瀬栄理子と対戦したが第1ゲームを落とし、第2ゲームの途中で足の怪我より棄権した[2]

脚注[編集]