ラキンスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯56度01分00秒 東経39度57分00秒 / 北緯56.0167度 東経39.95度 / 56.0167; 39.95

ラキンスクの紋章

ラキンスクロシア語: Лакинск;Lakinsk)はロシア連邦ヴラジーミル州の中部にある都市。メシュチョラ低地の北西部、クリャージマ川の左岸に位置し、州都ウラジーミルからは南西へ32km。人口は17,086人(2002年国勢調査)。4km南にあるソビンカ市を中心地とするソビンスキー地区に属する。

ラキンスクの場所には、ウンドル(Ундол)という名の村があったことが15世紀末の記録にみられる。18世紀、この地はスヴォーロフ家の領地で、ロシアの軍人アレクサンドル・スヴォーロフ1784年から1786年にかけてここで暮らしていた。1869年、紡績工場と織物工場が村の近くに誕生し、工場の拡大とともに村も大きくなった。1927年にウンドル村は労働集落の地位を得、地元の革命指導者ミハイル・ラキン(1876年 - 1905年)の名にちなんでラキンスキー(Лакинский)と改名した。1969年に市の地位を得てラキンスクと改名している。

ラキンスクには17世紀末に建てられたカザンの生神女聖堂がある。町の主な産業は繊維業、家具製造、食品工場などで、大規模な乳製品工場もある。

ラキンスクは1862年に開通したモスクワ-ウラジーミル-ニジニ・ノヴゴロド間の鉄道沿線にあり、ラキンスク駅はモスクワの起点から161kmにあたる。またモスクワ-ニジニ・ノヴゴロド-カザン-ウファを結ぶ高速道路M7も通る。

外部リンク[編集]