ラカーユ9352

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラカーユ9352
データ
元期 J2000
星座 みなみのうお座
赤経 23h 05m 52.0s
赤緯 -35°51′11″
視等級 (V) 7.34
特徴
スペクトル分類 M1.5 Ve
色指数 (B-V) 1.49
色指数 (U-B) 1.18
変光星 閃光星?
アストロメトリー
視線速度 (Rv) +9.5 km/s
固有運動 (μ) 赤経: 6,767.26 ミリ秒/
赤緯: 1,326.66 ミリ秒/年
年周視差 (π) 303.64 ± 0.87 ミリ秒
距離 10.74 ± 0.03 光年
(3.293 ± 0.009 パーセク
絶対等級 (MV) 9.75
詳細
質量 0.47 M
半径 0.47 - 0.57 R
光度 0.011 L
表面温度 3,340 K
金属量 10%(太陽比)
他の名称
GC 32159, Gl 887, HIP 114046, HD 217987, CD-36°15693, CP(D)-36°9694, SAO 214301, LHS 70, LPM 849, LTT 9348, LFT 1758, Cordoba 31353, LCC 0250
Template (ノート 解説) 天体PJ

ラカーユ9352 (Lacaille 9352) は、太陽系から10.74光年はなれた赤色矮星である。質量は太陽の47パーセントで、直径は太陽のおよそ半分である。この恒星変光星だと考えられており、ニコラ・ルイ・ド・ラカーユによって作成された恒星図に記載されている恒星のひとつである。光が弱いため、肉眼では観測できない。

ラカーユ9352に一番近い恒星はみずがめ座EZ星で、4.21光年離れている。

惑星系[編集]

ハッブル宇宙望遠鏡を使用した調査では木星型惑星は発見されなかった。

恒星から0.22AUの位置に地球型惑星があれば、液体の水が存在するのに十分な熱を得られる。赤色矮星の光は植物の光合成には有利に働かないかもしれない。しかし、変光星であるならば、不安定な日射量が致命的になるであろう。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]