ラウンド・ミッドナイト (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラウンド・ミッドナイト
セロニアス・モンク楽曲
ジャンル ビバップ
作詞者 バーニー・ハニゲン
作曲者 セロニアス・モンククーティ・ウィリアムス
その他収録アルバム
カバー

マイルス・デイヴィス

ラウンド・ミッドナイト ('Round Midnight)」は、1944年に発表された、ピアニストのセロニアス・モンク作曲のジャズスタンダード・ナンバー。この曲は、クーティ・ウィリアムスディジー・ガレスピーアート・ペッパーマイルス・デイヴィスなどが取り上げて磨きをかけ、ソングライターバーニー・ハニゲンはこの曲に歌詞を載せた。ウィリアムスとハニゲンは、この曲の共作者としてクレジットされている。

モンクがこの曲の原型を作曲したのは、1940年1941年であったと考えられている。しかし、ハリー・コロンビー (Harry Colomby) は、モンクはさらに早く、19歳だった1936年に「グランド・フィナーレ (Grand Finale)」という曲名で、最初の原型を書いた可能性があるという説を述べている。

この曲は、モンク自身が多くの録音で曲名として用いた「ラウンド・ミッドナイト ('Round Midnight)」のほかに、モンク自身が初期に用いていた「ラウンド・アバウト・ミッドナイト ('Round Abouyt Midnight)」という曲名でも言及されることがあり、また英語の綴りについて、「'Round」の冒頭のアポストロフィーを省く表記や、「About」を「'Bout」とする表記などが用いられることもある[1]

モンクによる録音[編集]

モンクは、生涯に数回この曲を録音しており、アルバムでは『ジーニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol.1 (Genius of Modern Music: Volume 1)』(モンク自身によるこの曲の初録音)、『セロニアス・ヒムセルフ (Thelonious Himself)』、『マリガン・ミーツ・モンク (Mulligan Meets Monk)』、『ミステリオーソ (Misterioso)』、『アット・ザ・ブラックホーク (Thelonious Monk at the Blackhawk)』、『モンクス・ブルース (Monk's Blues)』(ボーナス・トラック)にそれぞれ収められている。

モンク自身は、1947年にこの曲を最初に録音し、それが1951年にアルバム『ジーニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol.1』に収められた際には、「ラウンド・アバウト・ミッドナイト ('Round About Midnight) という曲名を記載していたが、1957年の『セロニアス・ヒムセルフ』以降は、曲名を「ラウンド・ミッドナイト」と記載するようになった。

モンク以外による演奏[編集]

「ラウンド・ミッドナイト」は、ジャズ・ミュージシャンが作曲した曲の中では、最も数多く録音されてきたジャズ・スタンダード曲である[2]オールミュージック (allmusic.com) によれば、この曲は1000枚以上のアルバムで取り上げられている。

モンク自身による初録音より前の1944年に、「ラウンド・ミッドナイト」として、クーティ・ウィリアムス楽団が録音している[3]

マイルス・デイヴィス[編集]

マイルス・デイヴィスコロムビア・レコードからリリースしたアルバム『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』(1957年)のタイトルに、「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」としてこの曲名を使い、ディジー・ガレスピーの演奏を踏まえた形で、この曲のカバーを収録した。この曲は、マイルス・デイヴィスの代表曲のひとつとなったが、そもそもコロムビア・レコードがデイヴィスを引き抜いたきっかけは、1955年ニューポート・ジャズ・フェスティバルにおけるモンクとの共演であったといわれている[4]。それ以前にもマイルスは2度この曲をスタジオで録音しており、いずれもプレスティッジ・レコードのために1953年1956年に録音が行なわれ、前者は『コレクターズ・アイテムズ (Collectors' Items)』、後者は『マイルス・デイヴィス・アンド・ザ・モダン・ジャズ・ジャイアンツ (Miles Davis and the Modern Jazz Giants)』に収録されている。

その他[編集]

ジミー・マクグリフ (Jimmy McGriff) によるこの曲の演奏は、1964年に開局した北海上の海賊放送であるラジオ・キャロライン (Radio Caroline) の初期には、午後6時の放送終了を告げるテーマ曲に使われていた。

2002年イタリアのピアニスト、エマニュエレ・アルチウリ (Emanuele Arciuli) は、多数の作曲家たちに、この曲の変奏曲の創作を委嘱した[5]。この委嘱を受けた作曲家たちは、ロベルト・アンドレオーニ (Roberto Andreoni)、ミルトン・バビット、アルベルト・バルベロ (Alberto Barbero)、カルロ・ボッカドーロ (Carlo Boccadoro)、ウィリアム・ボルコムデイヴィッド・クラム (David Crumb)、ジョージ・クラムマイケル・ドハティ (Michael Daugherty)、フィリッポ・デル・コルノ (Filippo Del Corno)、ジョン・ハービソンジョエル・ホフマン (Joel Hoffman)、アーロン・ジェイ・カーニス (Aaron Jay Kernis)、ジェラルド・レヴィンソン (Gerald Levinson)、トビアス・ピッカー (Tobias Picker)、マシュー・キール (Matthew Quayle)、フレデリック・ジェフスキーオーガスタ・リード・トマス (Augusta Read Thomas)、マイケル・トーキーらがいた[6]

映画における使用[編集]

地球最後の男オメガマン[編集]

1971年ロン・グレイナー (Ron Grainer) は、クーティ・ウィリアムスの演奏をもとにテンポを落とした編曲を行ない、映画『地球最後の男オメガマン』の印象的な場面の伴奏音楽とした。この曲は、2004年ゴタン・プロジェクト (Gotan Project) のCD『Inspiración Espiración』に、チェット・ベイカーの演奏をフィーチャーして収録された。

ラウンド・ミッドナイト[編集]

1986年、この曲は、ベテランのサックス奏者デクスター・ゴードンが主演した、パリに住むアメリカ人ジャズ・ミュージシャンを主人公にしたフィクションの映画『ラウンド・ミッドナイト (Round Midnight)』のタイトル曲として使用された。ハービー・ハンコックによるこの映画のサウンドトラック・アルバム『ラウンド・ミッドナイト (Round Midnight)』は、この曲を中心に多数のジャズ・スタンダード曲を取り上げ、これにハンコックのオリジナル曲数曲を収録している。

このサウンドトラック盤には、ボビー・マクファーリンによる、サックスの音色を模したスキャットをフィーチャーした、ハービー・ハンコック(ピアノ)、ロン・カーター(ベース)、トニー・ウィリアムス(ドラム)による「ラウンド・ミッドナイト」が冒頭のトラックに収められている[7]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 'Round Midnight”. secondhandsongs.com. 2014年2月13日閲覧。
  2. ^ 'Round Midnight”. jazzstandards.com. 2009年2月20日閲覧。
  3. ^ 'Round Midnight by Cootie Williams”. WhoSampled.com Limited. 2014年2月13日閲覧。
  4. ^ Miles Davis, Biography”. All About Jazz. 2014年2月13日閲覧。
  5. ^ Round Midnight Variations
  6. ^ Matthew Quayle
  7. ^ CDではボーナス・トラックとして、ウディ・ショウ(トランペット、フリューゲルホーン)、スタッフォード・ジェームズ (Stafford James)(ベース)、ルイ・ヘイズ (Louis Hayes)(ドラム)、ロニー・マシューズ (Ronnie Matthews)(ピアノ)による1976年のライブ音源による「ラウンド・ミッドナイト」も収録されている。:Herbie Hancock ‎– Round Midnight (Original Motion Picture Soundtrack) - Discogs

参考文献[編集]

  • Gourse, Leslie. Straight, No Chaser: The Life and Genius of Thelonious Monk. Schirmer Books, 1998. ISBN 0-8256-7229-5