ラウラ・ガジェゴ・ガルシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラウラ・ガジェゴ・ガルシア.

ラウラ・ガジェゴ・ガルシア(Laura Gallego García、1977年10月11日-)は、スペインの女流児童文学作家。バレンシア出身。

経歴[編集]

1999年、『この世のおわり(Finis mundi)』で、スペインの児童文学賞、バルコ・デ・バポール賞(Premio Barco de Vapor)を受賞しデビュー。2002年、『漂泊の王の伝説(La leyenda del Rey Errante)』で同賞二回目の受賞を果たす。

作品[編集]

  • この世のおわり Finis Mundi(1999年) - 日本語訳:松下直弘偕成社
  • El cartero de los sueños(2001年)
  • Retorno a la Isla Blanca(2001年)
  • Las hijas de Tara(2002年)
  • 漂泊の王の伝説 La leyenda del Rey Errante(2001年) - 日本語訳:松下直弘(偕成社)
  • Mandrágora(2003年)
  • ¿Dónde está Alba?(2003年)
  • El coleccionista de relojes extraordinarios(2004年)
  • Alas de fuego(2004年)
  • La hija de la noche(2004年)
  • Max ya no hace reír(2005年)
  • Alba tiene una amiga muy especial(2005年)
  • El fantasma en apuros(2005年)
  • La emperatriz de los Etéreos(2007年)
  • Dos velas para el diablo(2008年)
  • Sara y las goleadoras: Creando Equipo(2009年)
  • Alas Negras(2009年)
  • Sara y las goleadoras: Las chicas somos guerreras(2009年)
  • Sara y las goleadoras: Goleadoras en la liga(2010年)
  • Sara y las goleadoras: El fútbol y el amor son incompatibles(2010年)
  • Sara y las goleadoras: Las goleadoras no se rinden(2010年)
  • Sara y las goleadoras: El último gol(2010年)

外部リンク[編集]