ラウテンヴェルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラウテンヴェルクドイツ語: Lautenwer[c]k, Lautenklavier)は、バロック時代に特有の鍵盤楽器。リュート・チェンバロという別名からも分かるように、本体の外見はチェンバロそのものだが、 通常のチェンバロで用いられる金属弦に代わってリュートで用いられるガット弦が張られており、チェンバロよりも柔らかな音色を持っている(また一説によると、リュートの本体に鍵盤を付け、それでを弾く楽器だったとも伝えられる)。

大バッハはこの楽器を好んでおり、遺産目録によると2台のラウテンヴェルクを所有していた。バッハのリュートのための組曲のうち《組曲 ホ短調》BMW.996は、筆写譜によると、「ラウテンヴェルクで aufs Lautenwerck」演奏するために作曲されたらしい。

当時の楽器で現存するものはなく、20世紀になって史料をもとに復元が試みられるようになった。ロバート・ヒル英語版やミケーレ・バルキ(Michele Barchi)、シャールコジー・ゲルゲイ英語版らの古楽器奏者による音源が存在する。

外部リンク[編集]