ライヴリー (駆逐艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Lively (G40).jpg
艦歴
発注 1938年3月31日
起工 1938年12月20日
進水 1941年1月28日
就役 1941年7月20日
退役
その後 1942年5月11日に戦没
除籍
性能諸元
排水量 1,920トン
全長 362.5 ft (110.5 m)
全幅 36.7 ft (11.2 m)
吃水 10 ft (3.0 m)
機関 ギアード・タービン、ボイラー2基、2軸推進、48000 shp (35.8 MW)
最大速 36ノット(66.7 km/h)
乗員 221名
兵装

ライヴリー (HMS Lively, G40) はイギリス海軍駆逐艦L級

艦歴[編集]

1938年3月31日発注。1938年12月20日起工[1]。1941年1月28日進水[1]。1941年7月20日竣工[1]。8月、ウエスタンアプローチ管区に配属され、グリーノックを基地とする。8月22日、ライヴリーと駆逐艦ライトニングスカパ・フローから損傷したフランス潜水艦リュビ (Rubis) の元に向かい、途中で合流した巡洋艦キュラソーとともにリュビをダンディーまで護衛した[2]。9月、ライヴリーはジブラルタルを基地とする第4駆逐群に配属された。そして、マルタへ航空機を運ぶ空母アーク・ロイヤルなどの護衛を務めた。9月24日、ライヴリーは空母アーク・ロイヤルや戦艦ネルソンロドニープリンス・オブ・ウェールズの護衛としてジブラルタルから出撃した(ハルバード作戦)。

ライヴリーはその後もマルタへ航空機を届けるH部隊の護衛を務め、10月になるとK部隊に配属されマルタへ移った。11月8日、ライヴリーは軽巡洋艦オーロラペネロピ、駆逐艦ランスとともに出撃し敵船団の攻撃に向かった。そして11月9日のデュースブルク船団の戦いで船団を壊滅させた。

11月23日夜、K部隊は再び敵船団の攻撃に出撃した[3]。このときイタリアは複数の船舶を単独または2隻の船団で送り出しており、K部隊はその中でも重要な船団を攻撃するよう指示されていた[3]。それは2隻のドイツ船MaritzaとProcidaからなっており、イタリアの水雷艇ルポカシオペアによって護衛されていた。途中ライヴリーはイタリア軍機の爆撃を受けたがたやすく回避できた[4]。K部隊は24日に目標の船団を捕捉し、護衛の水雷艇を追い払った後船団の船を2隻とも沈めた[5]。戦闘後、K部隊は25日朝にマルタに戻った[6]。11月29日にはB部隊(軽巡洋艦エイジャックスネプチューン、駆逐艦キンバリーキングストン)がアレクサンドリアからマルタに到着した[6]。11月30日、4隻の巡洋艦とランスを除く3隻の駆逐艦は敵船団の攻撃に出撃した[6]。偵察機から駆逐艦に護衛された船の情報が入ると、部隊を率いるローリングス少将はK部隊(ペネロピ、オーロラ、ライヴリー)をそこへ向かわせた[7]。12月1日未明、K部隊はイタリアの武装商戦途中アドリアティコ (Adriatico) を発見[8]。アドリアティコはオーロラとライヴリィによって沈められた。マルタへ戻る途中でK部隊は駆逐艦に護衛されたタンカーの情報を受け取り、その攻撃に向かった[9]。そして、イタリア駆逐艦アルヴィセ・ダ・モストとすでに航空攻撃で大損害を受けていたタンカーMantovaniを沈めた[10]

12月13日からイタリアは補給物資を積んだ船団を北アフリカへ送るM41作戦を開始した。それを攻撃しようと、12月13日にアレクサンドリアから艦隊が出撃し、マルタのB部隊とK部隊も14日から15日の夜に出撃するよう命令が下った[11]。だが、敵が引き返したため出撃は取りやめとなった[11]。12月15日に補給物資を積んだブレコンシャーがアレクサンドリアからマルタへ向け出発し、護衛のための艦隊も出撃した。マルタからもK部隊などが出撃した[12]。アレクサンドリアからの部隊とK部隊は12月17日に合流した[13]。このときイタリアも中止されたM41作戦にかわるM42作戦を実行中であり、船団護衛のため出撃中であったイタリア艦隊とイギリス艦隊との間で第1次シルテ湾海戦が発生した。海戦後K部隊はブレコンシャーを護衛して12月18日にマルタに戻ったが、北アフリカへ向かったイタリア船団のうちトリポリへ向かった3隻は掃海作業が終わるまで港外で待機していたため、これを攻撃するためその日のうちには軽巡洋艦ペネロピ、オーロラ、ネプチューン、駆逐艦カンダハー、ランス、ライヴリー、ハヴォックはマルタから出撃した[14][15]。12月19日3時にトリポリ沖に到着したが、そこでオーロラ、ネプチューン、ペネロピ、カンダハーが触雷し、ネプチューンとカンダハーは沈没した[14]

ライヴリーは1942年1月と2月はマルタに出入りする船団の護衛従事した。3月9日、損傷したと報告があったイタリア巡洋艦の捜索に参加。3月11日にこのとき出撃した部隊のなかの軽巡洋艦ナイアドが撃沈され、リージョンはその生存者を救助した。3月22日、第2次シルテ湾海戦に参加。リージョンは損傷し翌日トブルクへ向かったが、その途中空襲でさらに損害を受けた。

1942年5月10日、敵船団がイタリアからベンガジへ向かっているとの情報に基づき、それを攻撃するためライヴリーと駆逐艦ジャーヴィスジャッカルキプリングアレクサンドリアから出撃した(MG2作戦[16][17]。5月11日、敵機に発見されたため、4隻の駆逐艦は命令されていたとおり作戦を中止してアレクサンドリアへと向かった[17]。だが、ヨアヒム・ヘルビッヒが率いる5機のJu 88の攻撃によりライヴリーは北緯33度23分、統計25度39分の地点で沈没[18]。さらに続く攻撃でキプリングとジャッカルも失われた。最終的なライヴリーの死者行方不明者は40名であった[19]。ライヴリー艦長Husseyは救助されたがジャーヴィス艦上で死亡した[19]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Fighting Flotilla, p.223
  2. ^ Fighting Flotilla, p.117
  3. ^ a b Struggle for the Middle Sea, p.148
  4. ^ Sea Battles in Close-up: World War 2 Volume Two, p.64
  5. ^ Sea Battles in Close-up: World War 2 Volume Two, pp.64-65
  6. ^ a b c Sea Battles in Close-up: World War 2 Volume Two, p.65
  7. ^ Struggle for the Middle Sea, pp.150-151
  8. ^ Sea Battles in Close-up: World War 2 Volume Two, p.67
  9. ^ Sea Battles in Close-up: World War 2 Volume Two, pp.67-68
  10. ^ Sea Battles in Close-up: World War 2 Volume Two, p.68
  11. ^ a b The Royal Navy and the Mediterranean, Volume II:November 1940-December 1941, p.218
  12. ^ Struggle for the Middle Sea, p.156
  13. ^ Struggle for the Middle Sea, p.157
  14. ^ a b Struggle for the Middle Sea, p.159
  15. ^ The Royal Navy and the Mediterranean, Volume II:November 1940-December 1941, p.223
  16. ^ Fighting Flotilla, pp.171-172
  17. ^ a b The Kelly's', p.143
  18. ^ Fighting Flotilla, pp.172-173
  19. ^ a b Fighting Flotilla, p.173

参考文献[編集]

  • Vincent P. O'Hara, Struggle for the Middle Sea, Naval Institute Press, 2009, ISBN 978-1-59114-648-3
  • Eric Grove, Sea Battles in Close-up: World War 2 Volume Two, Naval Institute Press, 1993, ISBN 1-55750-758-9
  • The Royal Navy and the Mediterranean, Volume II:November 1940-December 1941, Frank Cass Publishers, 2002, ISBN 0-7146-5205-9
  • Peter C. Smith, Fighting Flotilla: RN Laforey Class Destroyers in WW2, Pen & Sword, 2010, ISBN 978-1-84884-273-1
  • Christopher Langtree, The Kelly's: British J, K and N Class Destroyers of World War II, Nval Institute Press, 2002, ISBN 1-55750-422-9


座標: 北緯33度24分 東経25度38分 / 北緯33.400度 東経25.633度 / 33.400; 25.633