ラインハルト・シュヴァルツ=シリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラインハルト・シュヴァルツ=シリングReinhard Schwarz-Schilling1904年5月9日 - 1985年12月9日)は、ドイツ作曲家

ハノーファー出身。化学薬品製造業者の子として生まれ、1922年からミュンヘンケルンで音楽を学んだ。さらに1927年から1929年までハインリヒ・カミンスキに師事した。1938年からベルリン音楽大学(現在のベルリン芸術大学)で教職に就いた。

敬虔なカトリック教徒で、その音楽はしばしば宗教的・霊的なテーマから発想を得ている。彼の調性音楽の語法はヨハン・ゼバスティアン・バッハの伝統に従ったものであり、また師であるカミンスキの影響を強く受けている。多くの管弦楽曲室内楽曲・オルガン曲・合唱曲を作曲したが、もっともよく知られている作品は1979年から1982年にかけて作曲したカンタータ『Die Botschaft』である。

政治家のクリスティアン・シュヴァルツ=シリングは息子にあたる。

作品[編集]

  • オーケストラのためのパルティータ(1935)
  • 弦楽オーケストラのための序奏とフーガ(1948)
  • ヴァイオリン協奏曲(1953)
  • 交響曲ハ長調(1963)
ラインハルト・シュヴァルツ=シリング生誕100周年切手