ライラ・カリド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライラ・カリド

ライラ・カリドアラビア語: ليلى خالدlaylà ẖālid1944年4月9日 - )は、元パレスチナ解放人民戦線(PFLP)の活動家。

プロフィール[編集]

生い立ち[編集]

第二次世界大戦中の1944年に、当時イギリス委任統治領(敵対者は植民地と主張)であった広義のパレスチナハイファで生まれた。その後1947年に「イスラエルの建国によって祖国を追われ」(イスラエル承認をせず何らかの理由で「一時退避」し)、家族全員でレバノンベイルートへ移住した。

パレスチナ解放運動[編集]

1959年ジョージ・ハバシュが率いるパレスチナ解放運動に参画し、その後1967年にハバシュが設立したパレスチナ解放人民戦線に参画した。その後の1969年8月29日にPFLPが起こしたローマアテネ行きのトランス・ワールド航空840便ハイジャック事件を成功させたことで、PFLPの女性活動家として世界的に著名になった。しかしこの事件でその顔写真が世界中で報じられ世界的に著名になったため、その後新たなテロ事件を起こすべく整形手術を受けた。

同時ハイジャック事件[編集]

1970年9月6日に、イスラエルや西ドイツスイスなどに捕らえられた活動家を釈放させるべくPFLPが起こしたPFLP旅客機同時ハイジャック事件の一環として、テルアビブアムステルダム経由ニューヨーク行きのエル・アル航空219便をハイジャックした。

しかし、同乗していた私服警備員が、カリドとともにハイジャックを行ったサンディニスタ民族解放戦線の活動家として世界的に著名なニカラグアアメリカ人のパトリック・アルゲーロを射殺し、カリドも銃撃戦の末取り押さえたために失敗に終わった。その後同機はロンドンのヒースロー空港に着陸し、カリドはスコットランド・ヤードに引き渡された。

なお、この際にエル・アル航空機以外にも4機の航空機がハイジャックされ、そのうちの3機がヨルダン国内に強制着陸させられ300人以上の人質が捕らえられたため、PFLPは直ちにカリドも「交換釈放リスト」の一員に入れることとなった。その後、イスラエルがPFLPとの直接交渉を拒否したため、国際赤十字委員会やヨルダン、シリア、スイス、アメリカイギリスのみならず、ソビエト連邦まで巻き込んだ交渉が行われた結果、9月12日に、全ての乗客、乗務員が釈放された後に、各国に収監されているPFLPの活動家とカリドも釈放された。

現在[編集]

その後カリドはPFLPが推し進めた暴力的手段によるパレスチナ解放を否定し、現在はパレスチナ民族評議会のメンバーとして、各国で講演活動を行うなどしている。

エピソード[編集]

連合赤軍の構成員山本保子は女性闘士ライラ・カリドにちなんで、長女を頼良(ライラ)ちゃんと名づけたことで知られる。

関連項目[編集]