ライマン・ギルモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギルモアが最初に作った小型機の図面
ギルモアが二番目に作った大型機の写真

ライマン・ウィスウェル・ギルモア・ジュニアLyman Wiswell Gilmore, Jr.1874年6月11日 - 1951年2月18日)はアメリカ合衆国発明家。航空の先駆者の一人である。彼は、アメリカ合衆国カリフォルニア州グラスヴァレーで、蒸気機関を動力とする飛行機を製作し、1902年5月15日に飛行したと主張(ライト兄弟の初飛行は1903年12月)。重いエンジン、そして動力源として石炭を供給する必要上、飛行は短いものでしかなかったと思われる。彼の主張の潜在的な証拠である機体は、1935年の火事で焼失した。

初飛行[編集]

ライマンは、蒸気機関を動力とする飛行機を製作し、1902年5月15日にはそれを飛ばしたと主張した。

1898年以降に撮られた写真で、ギルモアの飛行機を写したものは複数あるが、空中にある機体を写したものはない。

私生活[編集]

彼を記憶する人の中には、以下のような主張をするものもいる。ライマン・ギルモアは奇矯な人物で、髪も髭も切らないことを誓い、そして真夏にもトレンチ・コートを着ていた、と。

業績[編集]

ライマン・ギルモアはサミュエル・ラングレーライト兄弟を初めとする、他の航空パイオニアたちと接触があった。

1902年、ギルモアは蒸気機関に関する二つの特許を取得している。彼は、例えば回転式のスノープラウなど、別の分野でも発明をしている。1907年3月15日、ギルモアは最初の商業的な飛行場であるギルモア飛行場 (Gilmore Airfield) をグラス・ヴァレーで開設した。

格納庫の火事の後、ギルモアは金の採掘を始めたが、カリフォルニア州ネヴァダ・シティで貧困のうちに死んだ。彼の墓は町から半マイル離れたパイン・グローヴ墓地 (Pine Grove Cemetery) にある。

脚注[編集]

  • ギルモアの肖像写真についてはウィキペディア英語版の記事en:Lyman Gilmoreを見られたし。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]