ライフポートとよはし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライフポートとよはし コンサートホール
Lifeport Toyohashi1.jpg
情報
正式名称 豊橋市コンサートホール及び中ホール[1]
完成 1994年
開館 1994年5月
収容人員 各ホール合計:1300人
客席数 コンサートホール:1000席
中ホール:306席
延床面積 11,017.28[2]
設備 音響ホール、多目的施設
用途 コンサート全般、発表会、講習会、その他
運営 財団法人豊橋文化振興財団(指定管理者)[3]
所在地 441-8075
愛知県豊橋市神野ふ頭町3-22
位置 北緯34度43分57.54秒 東経137度20分6.07秒 / 北緯34.7326500度 東経137.3350194度 / 34.7326500; 137.3350194座標: 北緯34度43分57.54秒 東経137度20分6.07秒 / 北緯34.7326500度 東経137.3350194度 / 34.7326500; 137.3350194
アクセス 豊鉄バス(神野ふ頭線)「ライフポート」下車
公式サイト ライフポートとよはし

ライフポートとよはし(ライフポートとよはし)は、愛知県豊橋市神野ふ頭町にある複合施設。 コンサートホール・女性会館・勤労青少年ホームなど、6つの施設からなり、合唱オーケストラなどのコンサートのほか、講習会や各種イベントにも利用されている。

施設[編集]

コンサートホール[編集]

音楽芸術の鑑賞・発表の場としてよく利用される。また、リハーサル室、ソリスト室、指揮者室、楽員室を備えている。楽器の貸出も可能。利用するには使用日の5日前までに所定の使用承認申請書を提出する必要がある。予約も可能。
  • 総席数:1000席 
  • 舞台/間口19.4m 奥行13.15m。

中ホール[編集]

講演会、セミナー、音楽会など多目的に利用できるホール。座席は移動が可能。楽屋、講師控室を備えている。こちらも利用するあたって、使用日の5日前までに所定の使用承認申請書を提出する必要がある。予約も可能。
  • 総席数:306席
  • 舞台/間口9.0m 奥行3.8m

教育会館[編集]

教職員の各種研修・研究をはじめ、視聴覚教材の制作等を行うための施設。研究及び研修のために使用する教職員の使用が優先されるが、一般の方も利用可能。映写機、拡声装置、液晶プロジェクターの貸出が可能。
  • 研修室(4室)

女性会館[編集]

女性の学習活動の促進、団体・グループの育成やネットワーキングを図るための施設。女性の団体・グループの使用が優先されるが、一般の方も使用可能。

労働会館[編集]

各種研修や相互交流を通じて教養を高め、趣味を広げる勤労者の活動の拠点となることを目的に作られた施設。
  • 会議室
  • 展示室

勤労青少年ホーム[編集]

働く青少年がアフターファイブや休日を有意義に過ごしてもらえることを目的に作られた施設。
  • 会議室(2室)
  • 音楽室
  • 軽運動室
  • 実習室
  • 和室

交通アクセス[編集]

  • 豊鉄バス(神野ふ頭線)「ライフポート」下車
  • 駐車場(520台)

脚注[編集]

  1. ^ ライフポートとよはし条例
  2. ^ ライフポートとよはし指定管理者募集要項 (PDF)”. 豊橋市. 2013年8月11日閲覧。
  3. ^ 平成21年度指定管理者候補者選定結果

外部リンク[編集]