ライト ワールウィンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ライト ワールウィンド(Wright Whirlwind)は1920年代から30年代にかけてアメリカライトが開発した一連の小型航空用エンジンに共通する名称である。

1923年R-790に始まる。これはアメリカでは最初の固定式星型エンジンで出力200馬力級であった。その後1928年には170馬力級のR-540、250~300馬力級のR-760、350~400馬力級のR-975の3種類が開発される。この3種類は全て同じサイズのピストンとシリンダ(R-790より若干大きい)を用いていた。1930年代に入り600馬力級のR-1510(1933年)、800馬力級のR-1670(1934年)といった複列化による高出力版も開発されるがこれらはいずれも試作に終わり量産はされなかった。このため実際に世に出たワールウィンドシリーズは全て単列星型エンジンである。

  • R-790 9気筒単列星型 200~220hp
  • R-540 5気筒単列星型 165~175hp
  • R-760 7気筒単列星型 225~350hp
  • R-975 9気筒単列星型 300~450hp
  • R-1510 14気筒複列星型 600hp
  • R-1670 14気筒複列星型 800hp