ライトニングトーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ライトニングトーク: Lightning Talks)とはカンファレンスフォーラムなどで行われる短いプレゼンテーションのこと。様々な形式があるが、持ち時間が5分という制約が広く共有されている。

歴史[編集]

形としてのライトニングトークは1997年Pythonカンファレンスで初めて行われたとされている。[1]その時点では単に「ショートトーク」と呼ばれていた。「ライトニング(Lightning:稲妻、電光石火)」という言葉が用いられるようになったのは、2000年6月に行われたYAPC 19100 Conferenceからとされている。[2]その後技術的なカンファレンスに於いて、この言葉が浸透するようになっていった。

脚注[編集]

  1. ^ Wanted: Short Talks”. 2008年3月20日閲覧。
  2. ^ Talks that were presented at YAPC 19100”. 2007年1月27日閲覧。

関連項目[編集]