ライオンズハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライオンズハート
Lionsheart
基本情報
出身地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド チェルトナム
ジャンル ヘヴィメタル
パワーメタル
ハードロック
活動期間 1990年 -
レーベル ミュージック・フォー・ネイションズ
Metaledge Records
Frontiers Records
3D Records
ポニーキャニオン
共同作業者 グリム・リーパー
オンスロート
スティーヴ・グリメット・バンド
公式サイト www.lionsheartband.com
メンバー
スティーブ・グリメット (ボーカル)
イアン・ナッシュ (ギター)
スティーブ・ヘイルズ (ドラムス)
エディー・マーシュ (ベース)
旧メンバー
アンソニー・クリスマス (ドラムス)
グラハム・コレット (キーボード)
Steve Owers (ベース)
Mark Owers (ギター)
ニック・バー
Zak Bajjon
マイク・オブライエン

{{{Influences}}}

ライオンズハート(Lionsheart)は、英国チェルトナムで結成されたヘヴィメタルバンドスティーブ・グリメットボーカル)とMark Owers(ギター)、Steve Owers(ベース)の双子兄弟を中心に結成され、1992年にデビュー。主に日本で成功を収めた。

来歴[編集]

グリム・リーパーオンスロートのヴォーカリストとして知られていたスティーブ・グリメットとが、Fury and Toucheというバンドで活動していたOwers兄弟と共にウェスト・ミッドランズ1990年に結成。さらにメンバーを加えて、1992年にアルバム『ライオンズハート』をリリースしてデビューしたが、同年にはOwers兄弟がリリアン・アクスのツアーに参加するため脱退したため、代替メンバーが加入している。

翌年には日本デビュー。当時はいわゆるグランジ・オルタナティブロックが流行し、ヘヴィメタルのミュージシャンにも大きな影響を及ぼしていた。そんな中、正統派ブリティッシュ・ヘヴィメタルの系譜を色濃く意識したサウンドは日本で歓迎され、BURRN!誌がデビュー前から繰り返し取り上げるなど、新人としては異例の扱いを受けた。ただ、大きな期待を浴びた来日公演は不調で、酷評された。

続く2ndアルバム『プライド・イン・タクト』(1995年)も日本で10万枚を売り上げるなどヒットしたが、英国ではほとんど注目されなかった。ただ、1995年にはタイケットとのツアーを成功させている。3rdアルバムのリリースはレコード会社とのトラブル等で1998年まで遅れ、商業的にも成功せず、バンドは解散状態となり、グリメットはソロ活動などを活発化させていった。

2000年、バンドは再結成し、2004年に4rhアルバム『アビス』を米国・テキサスのMetaledge Recordsから発表。Frontiers Recordsから世界発売もされた。その後グリメットは再び単独での活動を活発化させ、スティーブ・グリメット・バンドを結成するなどしている。

現在のメンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • ライオンズハート - Lionsheart(1992年)
  • プライド・イン・タクト - Pride In Tact(1994)
  • アンダー・ファイヤー - Under Fire(1998年)
  • アビス - Abyss(2004年)

ライヴ・アルバム[編集]

  • ライジング・サンズ - "Rising Sons - Live In Japan 1993"(2000年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]