ライアー ライアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライアー ライアー
Liar Liar
監督 トム・シャドヤック
脚本 ポール・グアイ
スティーヴン・メイザー
製作 ブライアン・グレイザー
製作総指揮 マイケル・ボスティック
ジェームズ・D・ブルベイカー
出演者 ジム・キャリー
モーラ・ティアニー
ジャスティン・クーパー
音楽 ジョン・デブニー
撮影 ラッセル・ボイド
編集 ドン・ジマーマン
製作会社 イマジン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年3月21日
日本の旗 1997年6月14日
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $302,710,615[1]
テンプレートを表示

ライアー ライアー』(Liar Liar)は、1997年アメリカ映画ジム・キャリー主演のコメディ映画

あらすじ[編集]

フレッチャー・リードは自他共に認める一流の弁護士。どんなに無理な依頼でも、彼は得意の“嘘”で無罪を勝ち取ってしまう。そのいかなる時も嘘をついて切り抜ける姿勢は私生活でも変わらず、そんな彼に妻のオードリーは愛想を尽かして息子のマックスを連れて出て行ってしまう。それでも彼は嘘をつくことをやめず、マックスの誕生日パーティをすっぽかし、またも適当な嘘でごまかすのだった。その夜、傷ついたマックスは「パパが一日だけでも嘘をつきませんように」と神に願う。するとフレッチャーは絶対に嘘をつけないようになってしまった。そして順調だった彼の人生は一変する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替1 日本語吹替2
フレッチャー・リード ジム・キャリー 山寺宏一 高木渉
オードリー・リード モーラ・ティアニー 高島雅羅
マックス・リード ジャスティン・クーパー くまいもとこ 大谷育江
ジェリー ケイリー・エルウィス 安井邦彦
グレタ アン・ヘイニー 島美弥子
ミランダ アマンダ・ドノホー 宮寺智子
サマンサ・コール ジェニファー・ティリー 雨蘭咲木子
マーシャル・スティーブンス裁判官 ジェイソン・バーナード 糸博 辻親八
ダナ・アップルトン検事 スウージー・カーツ さとうあい
アレン ミッチェル・ライアン
ケネス・フォーク クリストファー・マイヤー
リチャード・コール エリック・ピアポイント

映像ソフト[編集]

映像ソフト(DVD)は通常版(旧版)とデラックス・エディション(新版)の二種類存在する。デラックス・エディションは映像特典や音声特典がついているだけではなく、テレビ・サイズだった旧盤から上映時と同じビスタ・サイズに改められた。日本語吹き替えキャストが一部変更になっている。

出典[編集]

  1. ^ Liar Liar (1997)”. Box Office Mojo. 2010年7月6日閲覧。

外部リンク[編集]