ライアン・リンドリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライアン・リンドリー

Ryan Lindley
アリゾナ・カージナルス No. 14

Ryan Lindley.jpg
サンディエゴ州立大学時代のリンドリー
クォーターバック
生年月日:1989年6月22日(24歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ
身長:6' 4" =約193cm 体重:230 lb =約104.3kg
NFLデビュー
2012年アリゾナ・カージナルス
経歴
大学サンディエゴ州立大学
NFLドラフト2012年 / 6巡目(全体の185番目)
 所属チーム:
通算成績
(2012年までの成績)
TD/INT     0/7
パス獲得ヤード     752ヤード
QBレイティング     46.7
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ライアン・リンドリー(Ryan Lindley 1989年6月22日- )はカリフォルニア州サンディエゴ出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLアリゾナ・カージナルスに所属している。ポジションはクォーターバック

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

高校時代はアメリカンフットボールの他に野球もしていた。3年次には3,521ヤードを獲得、35タッチダウンをあげた。

サンディエゴ州立大学に入学した彼は、2008年に11試合で先発し、パス427回中242回成功、2,653ヤードを獲得、16タッチダウン、9インターセプトをあげた。2009年には12試合で先発し、パス437回中239回成功、3,054ヤードを獲得、23タッチダウン、16インターセプトをあげた。2010年にはパス421回中243回成功、3,830ヤードを獲得、28タッチダウン、14インターセプトをあげた。この年、チームは1998年のラスベガスボウル以来のボウルゲーム出場となるポインセチアボウルに出場し[1]、パス23回中18回成功、276ヤードを獲得、2タッチダウンをあげる活躍を見せて、35-14で海軍兵学校を破った[2]

アリゾナ・カージナルス[編集]

2012年のNFLドラフト6巡でアリゾナ・カージナルスに指名されて入団した。プレシーズン第1週の試合では先発QB争いをするケビン・コルブジョン・スケルトンにひけを取らないプレーを見せた[3]。またプレシーズン第4週のデンバー・ブロンコス戦ではマイケル・フロイドへの22ヤードのTDパスを決めた[4]

11月18日、第11週のアトランタ・ファルコンズ戦で不調のジョン・スケルトンに代わって、試合途中から起用されたが、パス20回中9回成功、64ヤード、1ファンブルロストに終わった[5]。第12週のセントルイス・ラムズ戦で初先発して312ヤードを投げた4インターセプトを喫した[6]。第13週のニューヨーク・ジェッツ戦ではパス31回中10回成功、72ヤード、1インターセプトと散々な成績で、チームは6-7で敗れた[7]。第14週のシアトル・シーホークス戦ではスケルトンに代わって途中出場し、パス17回中8回成功、59ヤードに終わった[8]。第15週のデトロイト・ライオンズ戦でもパス21回中14回成功、104ヤード、1インターセプトと結果を出せなかったが、ビーニー・ウェルズの3TDをあげる活躍で9連敗中だったチームは勝利、先発初勝利をかざった[9]。第16週のシカゴ・ベアーズ戦では第3Qにチャールズ・ティルマンにインターセプトされたプレーを最後に、ブライアン・ホイヤーと途中交代させられ、パス30回中17回成功、141ヤード1インターセプトに終わった[10]

人物[編集]

強肩の持ち主である。ニューヨーク・タイムズのMatt Waldman記者からは、2012年ドラフト指名候補中、アンドリュー・ラックロバート・グリフィン3世ライアン・タネヒルラッセル・ウィルソンに次ぐ5番目のQBであると評価された[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Utah will go bowling in Las Vegas”. ESPN (2010年12月1日). 2012年11月21日閲覧。
  2. ^ Ronnie Hillman rumbles for 228 yards in San Diego State's win”. ESPN (2010年12月23日). 2012年11月21日閲覧。
  3. ^ 実戦デビューを果たした新人QB総括”. NFL JAPAN (2012年8月14日). 2012年11月21日閲覧。
  4. ^ ブロンコス競り勝ち、カーディナルスはドラ1WRがTD”. NFL JAPAN (2012年8月31日). 2012年12月24日閲覧。
  5. ^ ファルコンズ、6ターンオーバー献上も堅守で逆転勝ち”. NFL JAPAN (2012年11月19日). 2012年11月21日閲覧。
  6. ^ ラムズが4INT奪取で勝利、CBジェンキンスは2リターンTD”. NFL JAPAN (2012年11月30日). 2012年12月24日閲覧。
  7. ^ ジェッツ辛勝、控えQBマッケロイが決勝TDパス” (2012年12月3日). 2012年12月24日閲覧。
  8. ^ シーホークスが歴史的圧勝、カーディナルスを粉砕”. NFL JAPAN (2012年12月10日). 2012年12月24日閲覧。
  9. ^ カーディナルスがトンネル脱出、攻守の5TDで10戦ぶり白星”. NFL JAPAN (2012年12月17日). 2012年12月24日閲覧。
  10. ^ ベアーズ守備陣が奮闘、プレイオフへ生き残り”. NFL JAPAN (2012年12月24日). 2012年12月24日閲覧。
  11. ^ Matt Waldman (2012年4月20日). “Ryan Lindley, 5th-Ranked Quarterback in 2012 Draft”. 2012年11月21日閲覧。

外部リンク[編集]